『イッテQ』『ダッシュ』は完全白旗?内村光良、TOKIO温存で囁かれる「東京オリンピック閉会式の隠し玉」説

拡大画像を見る

 8月8日の19時30分からNHKで放送される、2020東京オリンピックの閉会式。裏番組として日本テレビの超人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』と『世界の果てまでイッテQ!』が控えているが、両番組のキャストに、東京オリンピックの閉会式に出演する可能性もあるのでは、という声があるという。

「『イッテQ』は“イッテQアワード”と題した総集編企画を行うことが告知されています。スタジオトークはありますが、今回は、

《今回はイッテQ!を彩ってきた名物協力者や、現地ガイドさんなど、海外だから出会った人たちの選りすぐりの名シーンや迷シーンを一挙大公開。
 アーティスティックなパフォーマンスや、アクロバット技など、あっと驚くものから、名物コーディネーターによるハプニングシーンまで、様々なラインナップをご用意。大爆笑間違い無しの1時間です!》

 と告知されていて、予告映像ではイモトアヤコ(35)やANZEN漫才のみやぞん(36)がVTRで登場していましたね」(女性誌記者)

 一方の『鉄腕ダッシュ』は、人気企画「グリル厄介」。告知によると、

《【グリル厄介】荒川に住んでいる世界各国の厄介者で弁当を。東京五輪のカヌーやアーチェリーの会場すぐ近くを流れる荒川。そこにいるヤツらは…身体能力が高く様々な方法で捕獲を試みるが大苦戦。ならば!コチラにも秘策が!無人島コレクションを使って大量捕獲!?》

という内容で、いつものTOKIOにくわえ、ゲストに関ジャニ∞の横山裕(40)が参加するようだ。

■裏かぶりは原則禁止だが…

「まず、前提としてテレビ業界には“裏かぶりは厳禁”というルールがあります。同時間帯に違う局の番組に出演するは、ドラマ、バラエティ、映画問わずご法度だし、過去映像でもモザイクがかかります。

 しかし、絶対禁止というわけではない。たとえば指原莉乃(28)はHKT48時代、15年7月に『僕らが考える夜』(フジテレビ系)と『HKT48のおでかけ!』(TBS系)で裏かぶりしたほか、南海キャンディーズの山里亮太(44)はむしろ番組が裏かぶりを推したことがあります」(前出の専門誌記者)

 2017年。山里は南海キャンディーズとしてテレ朝の『M-1グランプリ』に出場し、準決勝まで勝ち進んだが、放送時間が山里がMCを務めるTBSの『東大王』とかぶってしまうという事態があった。山里は最初こそ焦ったものの『東大王』のスタッフが、

「ウチの番組のMCが日本一面白いっていう称号をもらえるかもしれない可能性を止めることはしませんよ。いってらっしゃいませ」

 と送り出してくれた、と当時ラジオで話していた。

「東京オリンピックの開会式に参加した劇団ひとり(44)に厳しいかん口令が敷かれていたように、五輪セレモニーの演出はシークレット中のシークレット。ただ、『イッテQ』も『DASH』も長寿番組でスタッフとタレントとの信頼性は強く、自国開催のオリンピックは一生に一度あるかないかの話。『東大王』と『M-1』の山里のように、仮に裏かぶりがあったとしても、問題にはならないでしょう。そうなると、“出るとしたら誰?”ですよね……」(前同)

■可能性としては『DASH』が上?

 開会式に芸人では劇団ひとりやなだぎ武(50)が、サプライズで出演していた。また、開会式に出演していないが、NHKのナビゲーターとして嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が出演していることから、ジャニーズの可能性もゼロではない。

「まず、『イッテQ』座長のウッチャンナンチャン・内村光良(57)は『LIFE!〜人生に捧げるコント〜 』や『紅白歌合戦』など、NHKと縁が深い。それに、内村はかつて東京オリンピックが行われた1964年生まれとして、2011年に自身で脚本を執筆し、ひとり舞台『東京オリンピック生まれの男』をやったことがあります」(前出の専門誌記者)

 しかし、『イッテQ』と『DASH』のどちらかと言われたら、『DASH』のTOKIOである可能性が高いという。

「19時30分から20時にNHKは“まもなく閉会式”という番組を放送しますが、実際の閉会式の生中継は20時から。厳密には『DASH』は被っていないんです。さらに、TOKIOというかジャニーズについては、2月に東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長を辞任した森喜朗氏(84)の間に、ちょっとした疑惑が報じられたことがありますからね」(前同)

 2014年にジャニー喜多川氏のギネス世界記録認定記念公演『JOHNYS‘2020World』が行われた。そこで「東京オリンピックを盛り上げる新グループ『Twenty Twenty』のメンバー選考」というテーマも掲げられていたが、当時組織委員会の会長に就任した森氏も鑑賞していたと、観劇した人々がSNSで指摘していたことがあったのだ。

「事前告知がないまま、公演最終日だけ上演内容が大幅に変更されたことが、ウワサに拍車をかけていました。真偽のほどはとにかく、TOKIOは『鉄腕ダッシュ』で数々の功績を積み上げて国や政府に多大な貢献をした実績もある。城島茂(51)に至っては、19年4月25日には首相官邸で開かれた政府の『農福連携等推進会議』に有識者として出席したこともありますからね」(前同)

 始まってみればあっという間だった東京オリンピック。閉会式にどんなサプライズが待ち受けているのか。今から楽しみでならないーー。

関連リンク

  • 8/5 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます