美味しすぎると話題!「東京オリンピック選手村の料理」元フェンシング太田雄貴の「食レポ」絶賛の嵐

拡大画像を見る

 五輪メダリストで国際フェンシング連盟副会長、元TBSアナウンサーの笹川友里(30)の夫でもある太田雄貴氏(35)が8月3日、自身のツイッターを更新。東京五輪の選手村を退村することを明らかにした。

「太田氏は今回のオリンピックスタート当初から、IOCアスリート委員選挙活動のため、選手村で過ごしてきました。その期間、フェンシングの情報だけでなく、選手村の詳細や選手との交流を自身のツイッターに毎日アップ。その内容が“五輪の裏側を知れておもしろい”“誰よりもわかりやすい”“貴重な選手村の様子を知ることができる”と、大人気となっていたのです。

 なかには、2021年6月に日本フェンシング協会の会長が太田氏からタレントの武井壮(48)に交代したことに触れ、“選手村レポートのために会長職を勇退したんですね”などの声も上がっていたほどです」(スポーツライター)

 そんな太田氏が8月3日、18日間を過ごした選手村からの退村を報告すると、ツイッター上には別れを惜しむ声が多数寄せられた。

「今後も撮りためた写真などでできる限り情報発信を行うことを約束した太田氏ですが、リアルタイムの情報がなくなってしまうことを残念がっている人も多いようです」(前出のスポーツライター)

■太田氏の食レポに「そんなことまで!」

 太田氏の選手村レポートのなかでも特に人気だったのが、食レポだ。今回、五輪の選手村で提供されている食事が「美味しすぎる」と世界中の選手たちから絶賛されていることもあり、注目を集めたようだ。

「開会式の翌日には早速、選手村レストランのブッフェの様子がアップされました。“ブッフェあるあるで、ついつい取り過ぎがちになるので、体重管理には要注意です。今回の選手村で個人的に好きなのは、焼き餃子、生姜焼き、かけうどん”のコメントとともに、食事の画像を更新。

 また7月25日は、多様な食事のひとつとして話題になっていたイスラム教徒の食事『Halal ハラール』の紹介や、選手村に2つある『メインダイニングとカジュアルダイニング』の違いなどがレポートされました。

 他にも、太田選手の食レポのなかでよく目にしたのが朝食です。『本日の朝食』としてパンケーキや和食の画像がアップされたのですが、その充実の内容に、画像を見た人からは“羨ましい”“美味しそう”などの声が上がっていましたよ」(前出のスポーツライター)

 東京五輪もいよいよ後半戦に突入している。選手村を退村した太田氏だが、貴重な生声をまだまだ期待する声も多い。

 

関連リンク

  • 8/5 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます