「ピクトグラム」横浜の夜空を彩ったのに 緊急事態宣言で中止、再開の見込みは

拡大画像を見る

横浜・みなとみらいの夜空に、青く光る選手の姿が躍動する。東京オリンピックに合わせて制作され、開会式をにぎわせた「ピクトグラム」だ。

横浜市は、みなとみらいの観覧車を活用し、オリンピック競技の「動くピクトグラム」のライトアップ演出を2021年7月23日から実施。ところが、緊急事態宣言が神奈川県で発令され中止となってしまった。

全50種類が浮かんでくる

言語を問わずに競技を識別できるピクトグラムは、東京五輪では50種類が用意されている。開会式でも「動くスポーツピクトグラム」のパフォーマンスが披露され、国内外で話題となった。

東京五輪・パラリンピックを記念した横浜市のライトアップ演出では、遊園地「よこはまコスモワールド」内の大観覧車「コスモクロック21」側面の照明を使用。毎日19~20時、「TOKYO2020」という字列と、五輪競技の動くピクトグラム全50種類が浮かんでくるものだった。

白く光った観覧車をスクリーンとして、ピクトグラムの形に合わせて照明が変化。大会名称が表示された後、バスケットボールにアーチェリー、野球、サッカーと、いきいきとしたライトアップが展開された。

大きく輝くピクトグラムの光景に、ツイッター上でも「感動した」といった形で反響を呼んでいた。だが、8月2日から県内で緊急事態宣言が発令されたことを受け、同日よりライトアップ演出も中止に。本来であれば、五輪閉会式の8月8日まで実施される予定だった。

パラ大会中に「復活」の望み

緊急事態宣言の期間は現状8月31日までとされる。五輪は終了するが、東京パラリンピックは、8月24日から9月5日まで開催予定だ。

横浜市市民局のオリンピック・パラリンピック推進課にJ-CASTトレンドが取材すると、「9月1日から予定通り緊急事態宣言が解除されれば、パラリンピック期間中にパラ競技のピクトグラムを実施したいと考えております」と明かした。市サイトによれば、パラリンピックでは23種類のピクトグラムが用意されている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 8/4 20:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます