菅首相と小池都知事に「辞職のススメ」をした名物医師の怒り

拡大画像を見る

 コロナ禍において、さまざまな意見をメディアで発信し続けてきたインターパーク倉持呼吸器内科院長の倉持仁氏が、8月3日に放送された「Nスタ」(TBS系)で、菅義偉首相と小池百合子都知事に「2人とも至急お辞めになったほうがいい」と怒りの発言をし話題になっている。

 これは、8月2日に政府が発表した、入院対象を重症者らに限定する方針に対してのコメント。

 倉持医師は「中等症2とかで治療に介入していてはもう間に合わない。より早い段階で治療に介入しなければいけないので抗体カクテル療法を承認したはず。その治療は軽症者のうちにしなければならないが、入院しなければ薬は使えない。言っていることがめちゃくちゃです」と憤りを隠さず、菅首相と小池都知事に“辞職”を促す発言となったのだ。

「この報は、SNS上で広く拡散され『倉持先生の怒りはもっとも。多くの国民も怒りを感じている』など賛同するコメントや、現役医療従事者からは『倉持医師の発言は、現場の医療者皆の発言といっても過言ではありません』など“倉持支持”が多数を占めました」(週刊誌記者)

 倉持医師の怒りは、多くの国民の怒りでもあるようだ。

関連リンク

  • 8/4 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 倉持医師は万年野党にやってほしいのかもしれない。万年野党が与党に返り咲きすれば、富士山の噴火や北海道東北北部地震や首都直下地震や東南海南海地震が起きる。

  • 小池都知事は辞めてもいいかも。

  • 辞めて変わりを誰がやるんだよ 立憲の奴とかだともっと酷くなるぞ

記事の無断転載を禁じます