河村たかし名古屋市長 表敬訪問のソフトボール・後藤希友投手の金メダルをガブリとかじって批判殺到

拡大画像を見る

8月4日、東京五輪のソフトボールで金メダルを獲得した後藤希友投手が、河村たかし名古屋市長を表敬訪問したとCBCニュースが報じた。
河村市長が、首にかけられた金メダルをガッツリと齧るパフォーマンスを行ったということでネット上では批判が殺到しているようである。


ソフトボール金メダルに貢献 後藤希友投手(20)が表敬訪問 市長が突然ガブリ (21/08/04 11:57)
https://www.youtube.com/watch?v=tr1OcFFI-80[リンク]

YouTubeにはCBCの公式動画も投稿されており、コメント欄には

「頼むから誰か新品に交換させてあげて欲しい これはあまりにも可哀想」
「選手が努力の末に勝ち獲った金メダルを勝手に噛むなんて、いったいどういう神経してるんだ? やっていい事と悪い事の区別もつかない人間は人の上に立つ資格はない」
「後藤投手が可哀想すぎて泣けてきた」
「モラハラセクハラの菌メダル まじでこの年代の爺は人の気持ちとか永久にわからないんだなってのを思い知らされる」

等のコメントが寄せられている。
また、河村市長のTwitterアカウントにも、

「人の大事な物に汚い唾つけてんなよ。謝ってこい」
「人が大変な思いで獲得したメダル噛むとかコロナ対策としても0点やしそれ以前に普通に人としてやばいと思います」
「ウケると思ったのですか? 相当やばいですよ。 感性ズレまくってます」

等、こちらにも批判のコメントが多数寄せられていた。

※画像は『YouTube』より

関連リンク

  • 8/4 17:45
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます