BALLISTIK BOYZ、メンバー同士で夏デートを妄想“ふんどし”締める強者は?

拡大画像を見る

実力派ダンス&ボーカルグループのBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが8月4日(水)に待望の4thシングル『SUM BABY』を発売。リード曲の『SUM BABY』はキャッチーなトラックが夏にぴったりのサマーポップ。そこでニューシングルについて、そして“夏”をテーマにメンバー7人の座談会を開催。


――まずは『SUM BABY』を最初に聴いたとき、どう思いましたか?

日髙竜太「素晴らしい曲だな!と思いました。イメージ的にはズバリ、夏!」

――どんな曲といえますか?

加納嘉将「夏曲!夏の楽しみ方を歌ってます!」


――どんなときに聴いてほしいですか?

海沼流星「夕方!」

日髙「夕方?」

海沼「うん。陽が落ちるちょっと前ぐらい。ロマンティックな曲なので、夕方ぐらいに聴いてほしいです」


――好きなフレーズは?

深堀未来「あります!……えっと……」

砂田将宏「ないのかよ!」

深堀「“キラキラ煌めいて”とか“ターコイズのOcean view”とか。誰もが憧れるキレイな海って感じで、夏らしいフレーズが好きっす!」

日髙「ふざけるな!」

深堀「いやいやいや、ふざけてないから(笑)」



――収録曲の『HANDS UP』はどのような曲ですか?

奥田力也「ツアーでも最後に歌っている楽曲なのですが、今のような状況の中、自分たちをサポートしてくれているファンのみなさんや身近で支えてくださった方たちに向けたメッセージ曲で。何かがあったとき、背中を押してくれるような前向きな楽曲になっています」

――では同じく収録曲の『Blow Off Steam』は?

松井利樹「この楽曲もライブに向けて作った曲でもあって。 このような状況下が続く中、色々と制約がある中ですが曲名の通り、発散するって意味が込められていて、ライブの幕開けとともに僕たちの想いも発散させるといった勢いのある胸がアツくなるような曲になっています」


――『SUM BABY』のMVはいかがでしたか?

砂田「今回のMVは“遊び”がテーマ。いろいろなアクティビティをしているところを撮ってもらってMVにしています。テニスとかバーベキューとかゴルフをしているシーンもあって。あとはプールに飛び込んだりね」

日髙・深堀・奥田「はい!」

砂田「この気合いのある3人がプールに飛び込んでいます(笑)。自由な感じを自分たちで提案して、撮っていただきました!」


――そして収録曲の『Chasin’』は『HIGHWAY』に続いて海沼さん、奥田さん、松井さんが作詞、作曲に参加した曲!

奥田「曲名の『Chasin’』は、警察が犯人をチェイスするっていうイメージ。もっともっと走って、スピードをあげて、どんどん前に進んで!って意味が込められています。メロディも作らせていただいて。僕は日本語と英語をうまくミックスして、2人はポルトガル語や中国語も混ぜてくれました。海外の方にも“やばいね”って思ってもらえるような世界観とバイブス感を出した曲になっています。まさに『HIGHWAY』のレベルアップバージョン。自分たちのやりたい音楽をこれでもかっていうぐらい詰め込みました」

海沼「こんなに早い段階で作詞に携われるのは、ありえないことで。本当は経験を積んでからやらせてもらうことなんですけど、任せていただけたことがすごくうれしいですね。僕たちも自信に繋がりますし、ファンの方たちにも自分たちの思いを伝えられると思うので、今は感謝でいっぱいです」

松井「もう全部、僕の思いは2人に伝えてもらいました!以下同文です(笑)」

 


――『SUM BABY』は夏ソングということですが、みなさんが「夏」と聞いて思い浮かべることは?

深堀「ショウリョウバッタ」

加納「夏祭り」

砂田「海」

加納「プール」

日髙「川」

奥田「スイカ」

深堀「セミの抜け殻」

砂田「セミでいいやん!」


――いっぱい出ましたが、コロナもすべて忘れて夏にやりたいことというと?

深堀「フェス!」

全員「あぁ~~」

日髙「フェスいいねぇ!」

――フェスは観たい?それとも出たい?

深堀「どっちも!」

砂田「夜にやりたいよね」

海沼「夜のトリでやりたい」

深堀「初日にトリを飾って、2日目は観て楽しむ!」

砂田「理想はね。でも昼は昼で楽しそうだけど」


――みなさん、野外コンサートの経験は?

全員「あります」

日髙「静岡でやったよね」

深堀「夜だったっけ?」

日髙「夜だった」

砂田「やっぱり夜は照明がキレイで、昼とは雰囲気が全然違う。気持ちいいよね、夏の夜は」

海沼「最高だね」

日髙「あのときは楽曲もまだ全然なくて」

砂田「そうだった」

日髙「今、やりたいね、ホントに」

加納「この『SUM BABY』をひっさげてね」



――先ほど、夏といえば?ということで「夏祭り」が出ましたが、お祭りに行ったとき屋台で食べるものといえば?

日髙「学生のころは、よく焼きそば買ってた」

砂田「俺、カステラ」

深堀「あんず飴」

松井「イカ焼き」

加納「どんどん焼き 」

奥田「りんご飴」

海沼「ジャガバター!」


――わたあめとかは買わなかったんですか?

日髙「それは小学生のときかなぁ」

加納「わたあめというより、袋欲しさに買ってた」

全員「あぁ~~」

奥田「よくカステラも食べてたかな」

日髙「ベビーカステラね」

砂田「俺、めっちゃ買う」

加納「俺も買うけど、どうしても残しちゃう」

日髙「量が多いからね(笑)」

 

――盆踊りは?

砂田「踊ってた」

日髙「俺、やぐらの上で太鼓を叩いたこともあった。夏休みに特訓して」

奥田「僕、地元で神輿の上に乗ってた」

深堀「俺も神輿の上に乗ってた」

奥田「ちょっと怖いんだけどね。でも、神輿の上に乗って太鼓を叩いたり、指示したり、すっごい楽しかった」


――ちなみに神輿を担いだことのない人は?

海沼・松井「はい」

 

――担いでみたいですか?

海沼「いえ!」

砂田「即答やん(笑)」

松井「肩が痛くなりそう」

海沼「あと、男くさそう(笑)」

奥田「それが逆にいいって思わないと!」

日髙「当時はそんなこと考えもしなかったけどね」

松井「今だから、そう思っちゃう」

日髙「そうそう」

海沼「たぶん、小さいころ機会があればやってたと思う」

日髙「やってたね。それですっごい楽しんでたと思う」

加納「確かに今、やる?って言われてもやらないかも」

深堀「俺、全然やりたいんだけど」

奥田「俺も!」

全員「(爆笑)」



――あと、夏といえば「海」という意見もありました。全員で海に行って砂浜で埋められそうなのは?

砂田「(深堀を指さして)このメンツで行ったら、絶対に埋められる(笑)」

深堀「え~~、マジ?」

日髙「うん(笑)」

砂田「力也が率先して、埋めてそう!」

奥田「俺?」

日髙「未来未来未来未来未来、ちょっと来て寝っ転がって。お願いお願いって(笑)」

全員「(爆笑)」

深堀「でも、俺は海行ったら釣りしたいなぁ。魚を見なきゃ満足できない。素潜りとか」

加納「あぁ、素潜りしてみたい」

松井「魚を追うのって楽しいよね」

深堀「そうそうそう」

砂田「来年の夏ソングのMVは、海外の海で撮りたくない?」

全員「撮りたい!」

砂田「マイアミとか」

奥田「フロリダとか」

深堀「ハワイがいいなぁ」

砂田「ハワイのメジャーじゃない島とか行ってね」

日髙「みんなでハワイに行けたら最高だなぁ」


――そして、夏にもうひとつ妄想してもらいたいことがあります。メンバーが夏デートをするなら、どんなデートをするか妄想してください。まずは加納さんなら?

深堀「浴衣着て祭りデートしてそう」

日髙「ジンベイとか着ちゃいそうじゃない?」

砂田「あぁ~~、着てそう」

深堀「背中にうちわとかさしてね」

砂田「あははは、確かに!」

加納「(ひたすらうなずきながら)あはははは」


――松井さんだったら?

砂田「利樹はどんなデートしそうかなぁ。遊園地とか?」

奥田「あぁ、分かる。アイス食べたりね」

日髙「アイスでも、おしゃれなソフトクリームとかかなぁ」

加納「いや、夜の公園でベンチデートじゃない?」

深堀「ロマンティック!」


――日髙さんだったら?

砂田「竜太くんはバーベキューだね」

日髙「バーベキューデート?」

砂田「しかも海バーベキュー」

日髙「もう朝からドライブぶんぶんですよ!」

深堀「ドライブぶんぶんって(笑)」

日髙「ちゃんと前日に車で聴くためのセットリストを作ってると思う」

砂田「セットリストって自分で歌うの?」

日髙「プレイリストだ(笑)」

松井「俺も車でデートならプレイリスト作りたい」

砂田「へぇ~、そういうもんなんや」

日髙「どんな音楽がいいかなって考えてね」

松井「それ、すごい大事!」



――奥田さんなら?

砂田「力也はアミューズメントパークに行きそう」

奥田「憧れますね」

砂田「夏だと濡れるアトラクションでも、すぐ乾くから絶対いいよ」

奥田「確かにそれはあるなぁ」

日髙「でも、涼しい季節のほうが良くない? 夏って汗だくになるし」

加納「並んでいるときとかね。かなりきついかも」


――海沼さんだったら?

深堀「わりと浴衣とか着てそう」

日髙「流星は“行こう”って言われてから、行ってそう」

全員「(うんうんんとうなずく)」

日髙「(女声で)“お祭り行こう!”って言われて、“え~、家でいいやん”みたいにもなりそう」

海沼「でも、夜の海デートは行ってみたいなぁ」

砂田「ナイトビーチ」

日髙「ナイトプールとかね」

海沼「それ、チャラ過ぎるから(笑)」

深堀「でも、そんなアウトドアじゃないよね?」

海沼「もし彼女がいたら誘うと思う。花火とか見に行きたい!」

砂田「お、花火いいねぇ」


――深堀さんなら?

海沼「浴衣着てそうだよね」

砂田「うん、似合う」

深堀「いや、ふんどしだよ、ふんどし」

加納「男過ぎるだろ(笑)」

日髙「デートなのにふんどし締めて、祭りに参加してそうだよね(笑)」

砂田「未来は上半身裸で下は水着のイメージがあるんだよな。それこそ海とかプールとか」

日髙「海っていうより、プールじゃない?」

砂田「それでウォータースライダーで滑ったり」

深堀「あぁ、好き……やったことないけど」

海沼「うわぉ!」

深堀「うわぉの使い方違うから!」


――砂田さんなら?

砂田「俺はどんなデート?」

奥田「シンプルに海で彼女とビーチチェアに寝転んでそう」

加納「パラソルさしてね」

松井「それで隣にいる女の子が“なに、その色?”っていうカクテル飲んでそう(笑)」

奥田「わかるわかる(笑)」


――それでは最後に、ファンの方たちにメッセージをお願いします。

深堀「『SUM BABY』は、キャッチーな歌のメロディが耳に残る僕たちらしいサマーソングになっています。MVも僕たちの仲の良さが感じられるような和気あいあいとした映像に仕上がっています。ぜひ、『SUM BABY』を聴いて最高の夏の思い出を作ってください!」

全員「よろしくお願いします!」



取材・文:今泉

撮影:山田健史






関連リンク

  • 8/4 16:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます