『鬼滅』LiSAの夫・鈴木達央が不倫報道でフルボッコ! 声優のスキャンダルは撮り放題?

拡大画像を見る

 ある意味、それだけ声優の商品価値が上がったという証左だろうが……。

 7月30日配信の『文春オンライン』が、アニメ『鬼滅の刃』の主題歌などで知られる歌手・LiSAの夫で声優の鈴木達央の不倫スキャンダルをスッパ抜いた。

「記事によると、鈴木はスタジオ勤務のAさんと今年の春頃に急接近し、渋谷のホテルで密会。しかも、LiSAがライブでいない日を狙って自宅に連れ込んでおり、そこで愛し合っていた可能性もあるとか。そのため、ネット上は『LiSAと寝ているベッドで別の女と!?』『夫婦のプライベート空間に不倫女を入れるなんて、2度とベッド使いたくないし部屋に帰りたくない』『即離婚案件だろ』『自宅に招くとか気持ち悪くて無理』と嫌悪感を持ったという女性たちの声で溢れかえっています」(週刊誌記者)

 また、『文春』が取材した知人によれば、鈴木はA子さんに自身が声優を担当する人気アニメ『Free!』の新曲デモテープを聞かせていたといい、そのこともアニメファンの怒りに火を注いでいるようだ。

 鈴木以外にも、このところ声優の不倫が報じられるケースが増えてきている。少ししさかのぼっただけでも浪川大輔、駒田航、岡本信彦といった人気声優たちも週刊誌などで不倫疑惑が報じられ、当時、謝罪に追い込まれたケースもあった。

「過去にもアイドル的な人気を誇る声優が紙面を騒がせたことがありましたが、現在、声優が週刊誌のターゲットになっている理由の一つが、『鬼滅の刃』の大ヒット。国内初となる興行収入400億円超えて社会現象になったことで、声優のプライベートが世間の関心事になってきている。『鬼滅』の主人公・竈門炭治郎の声を担当した花江夏樹はツイッターのフォロワー数が約200万人で、他にもフォロワー100万人クラスがゴロゴロ。世間への影響力も大きく、収益が厳しくなってきて宣伝費が削減されているテレビ局にはSNSでの発信力があるのはありがたい存在です。テレビ業界が力を入れている13~49歳のコア層に刺さりやすいという理由もあり、最近は声優が人気ドラマや有名番組への起用されることも多くなってきています」(エンタメ誌ライター)

 一方、声優は作品イメージもあってか、既婚かどうかを含めてプライベートを公開していない人も多く、自身の不倫が狙われている意識が低い。

「とりわけ『文春オンライン』は、年配の読者が多い『週刊文春』では取り上げないようなジャニーズjr.や、知名度がない48グループや坂道グループの不人気メンバーを徹底マーク。他メディアがどこも狙っていないジャンルで『文春砲』を連発しています。今度は声優の密着マークを始めたのでしょう。アンジャッシュ・渡部建の例を挙げるまでもなく、芸能人の場合、今や不倫=犯罪という扱いになってしまいますが、声優はあくまでもキャラありきですから、不倫スキャンダルが発覚しても仕事を干されることはほとんどない。それもあってかワキが甘くなってしまうのかもしれません」(週刊誌記者)

 とはいえ、妻の許しを得られるのかは別問題。LiSAは夫の裏切りにどんな対応を見せるのか。鈴木にしてみたら、“鬼に襲われるほうがマシ”という心境だろうか。

  • 8/4 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 鈴木達央さん、少なくとも以前は控えめな好男子だったんだけどね。人気が出て、可愛いくて魅力溢れる奥さんもらって天狗になっちゃったのかな? こんなスキャンダル起こすとか本当に残念。応援してたのにね。LiSAさんが可哀相です。

  • グレイス

    8/6 10:53

    ZIP見てたら、LiSAが心身不調で休養、予定されていたライブ等は中止というニュースが流れて何だろうと思っていたけど、そういうわけか。

  • 西瓜

    8/5 21:21

    Lisaの夫だからこそ不倫したって感じもしなくもない。

記事の無断転載を禁じます