普通なのに!男性から「ハードルが高そう」と勘違いされてしまう女性の特徴とは

拡大画像を見る


中身も生活スタイルもめちゃくちゃ普通なのに、なぜか男性からハードルが高いと思われてしまう女性っていますよね。自分と同じ普通な男性と付き合いたいのに、言い寄ってくるのは自分に自信のある男性ばかりだということもあるでしょう。
男性から勘違いされるのは、あなたの行動に原因があるのかもしれません。そこで、男性からハードルが高そうと勘違いされてしまう女性の特徴について紹介します。


見た目がチャライ

中身がどれだけ清純であっても、見た目がギャルっぽかったりするとチャラく見られてしまいます。そのため、普通男性からは近寄りがたいと思われて敬遠されてしまいます。
ビビッドなカラーの服や露出の多い恰好をしていると、見た目から判断されてチャラそうだと思われます。中身を知る前にイメージが出来上がってしまうので、普通男性が近寄ってこないのです。


帰国子女

外国で幼少期に暮らしていたなど、帰国子女の女性はハードルが高いと感じる男性は多いです。自分とは住む世界の違う人間だと勝手に思われてしまいます。
幼少期に住んでいたけれど、外国語なんて忘れてしまって全く話せないなんてこともあるでしょう。帰国子女だからといって遠い存在じゃないということをアピールしていきましょう。


成績が優秀

営業のエースであったり、コンクールに選出されるなど成績が優秀な女性もハードルが高いと勘違いされます。自分なんかじゃ相手にしてもらえないと感じるのです。
成績が優秀ということは、その分野に突出しているということです。誇るものが何もない普通男性は、自分よりすごい人だと思い自分なんかじゃ手が出せないと身を引いてしまうのです。


ブランド物が多い

持っているものにブランド物が多いと、ハードルが高そうと思われます。お金持ちの家のお嬢様か、自分でたくさん稼いでいる人というイメージが強いのです。
ブランド物をたくさん買う財力のある女性とでは、釣り合わないと感じます。昔に買ったものを大切に何年も使っているだけであっても、男性からは分からないのです。


イメージを覆そう!

ハードルが高いと思われることで、男性とお知り合いになる機会が減ってしまいます。普通の男性と付き合いたいというのであれば、自分のイメージを覆すように行動してみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/4 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます