ローカル女子アナの投稿動画で起きた終了間際のバスト“スレスレ”事故

拡大画像を見る

 現役の女子アナウンサーがYouTubeの動画配信でバスト事故を起こしたと、ネット上で話題になっている。

 まさかの大胆シーンをさらしたのは、静岡放送の矢端名結アナ。群馬県出身の27歳で、かつては地元でローカルアイドル「あかぎ団」にも所属していたという童顔フェイス美女だ。

 そんな彼女がさる7月28日、自身のYouTubeチャンネル「矢端名結のヤバTube」を更新。「視聴者&リスナーのどんな質問にも答えます!」と題して、ファンからの質問に答えた。

「質問には『ファーストキスはいつですか?』などというプライベートに関するものもありましたが、矢端アナは気後れすることなく『みなさんが想像するよりも遅いと思う。10代後半です…』などとセキララに回答しています。また、『将来は自分で一生稼げる女性になって、お母さんを沢山旅行につれていきたい』と親孝行な一面も見せました。そんな矢端アナに“事故”が起きたのは、動画終了間際。矢端アナはリスナーに『ありがとうございます!これからもよろしくお願いします』と深々と頭を下げたのですが、大きく開いた襟ぐりから胸の渓谷が露わに。肌着を着けているのか疑ってしまうほど見えてしまい、もう少しで先端部分が窺えそうな勢いでした。その膨らみから推定Dカップはありそうで、いかにも柔らかそうな色白バストでしたね。それにしても、女子アナがここまで見せてくれるのは前代未聞。ファンにとっては至宝の映像になったことでしょう」(女子アナウオッチャー)

 矢端アナのYouTubeのチャンネル登録者数はまだ4940人ほど(8月3日現在)。ローカルアナだけにささやかな人数だが、この動画がきっかけで急増しちゃうかも!?

(ケン高田)

関連リンク

  • 8/4 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます