前田敦子「離婚3か月で半同棲愛」の逞しさ!「林遣都と結婚」大島優子に負けない「次代のセンター争い」勃発!?

拡大画像を見る

 4月23日、自身のインスタグラムを通じて2018年に結婚した勝地涼(34)との離婚を発表した前田敦子(30)。そんな前田に早くも“新恋人”ができたと、8月3日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

 お相手はファッションデザイナーの森川正規氏(37)。森川氏は世界的シンガーのレディー・ガガ(25)や大物ロックバンド・KISSをはじめ、多数のアーティストのステージ衣装を手掛けたほか、2015年には29歳の若さでパリコレにも進出。

 国内では嵐やゆずのコンサートの衣装協力や窪田正孝主演(32)の映画『東京喰種』でも衣装を手掛け、プライベートでも松田翔太(35)やRADWIMPSの野田洋次郎(36)などとも親交があるという。

 記事によると、前田は大阪で公演中だった出演舞台の休演日である7月19日にわざわざ都内に戻り、森川氏のマンションに泊まったという。また、2歳の長男とももに出入り姿を見たというマンション住民の証言も掲載されている。

「前田の個人事務所は森川氏との交際について“事実無根です”と完全否定しています。ただ、記事には実際に森川氏のマンションに出入りする前田の姿も掲載されていますし、住民の証言もある。『女性自身』が伝えているように、半同棲状態で新たな愛を育んでいそうですね」(芸能記者)

■前田敦子の熱愛報道の“裏”でライバル・大島優子はゴールイン

 前田の熱愛が報じられた中、かつてAKB48のセンターを争ったライバル・大島優子(32)は林遣都(30)との結婚を発表した。

 2人は2019年後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』で共演したことで急接近。交際約1年でのゴールインとなった。

 大島と林は連名のFAXで「共有していた時間の中で、この先もお互いを高め合い、寄り添って歩んでいける、そんな大切な存在になっていることに気付き、このような運びとなりました」と報告した。

 前出の『女性自身』では、前田の熱愛記事と隣り合わせで大島の結婚記事を掲載。

 大島と林は2020年3月にキャストだけで行われた『スカーレット』の打ち上げで親睦を深めたとしている。また、過去に大島が「子どもは3~5人ほしい」と公言していたとも伝えている。

「大島さんは子沢山ママになる可能性もありそうですよね。一方、前田さんにも2歳の長男がいますが、シングルマザーになってわずか3か月で新たな半同棲報道ですから、あらためて彼女の恋愛体質が明らかになりました」(女性誌ライター)

 勝地との結婚前、山本裕典(33)や尾上松也(36)などとの熱愛が報じられたほか、2012年9月の『週刊文春』(文藝春秋)には、佐藤健(32)に“お姫様抱っこ”される衝撃的な写真が掲載されている前田。

「前田さんと森川さんが盛り上がったら、早々の結婚もあるかもしれません。そうなったら第2子――ということも考えられる。過去にはAKB48で激しいセンター争いを繰り広げた2人ですが、彼女たちの子どもが十数年後に芸能界入りして、切磋琢磨するという展開もありえるかもしれませんね」(前同)

 前田と大島の子どもたちが、芸能界のセンター争いを繰り広げる日が訪れる!?

関連リンク

  • 8/4 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます