横綱・白鵬「五輪ナマ観戦」の炎上は東京オリンピック閉会式「捨て身のネタバレ」匂わせ大作戦

拡大画像を見る

 横綱・白鵬(36)に、またも騒動が持ち上がっている。

 事の発端は、7月27日に、白鵬が無観客で行われているはずの東京五輪柔道競技の会場である日本武道館を来訪。親交のある73キロ級の金メダリストの大野将平(29)と、国際柔道連盟のマリウス・ビゼール会長との3ショットを撮影し、その画像が会長のツイッターにアップされたことだった。

「これに対して、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が激怒しているんです。白鵬は相撲協会にまったく許可を取っておらず、協会としては寝耳に水。会場に入れるのは競技関係者やメディアしか入れませんが、白鵬は出身国モンゴルの選手団アンバサダーを務めている。おそらくその縁で観戦できたとされているが、明らかにされていません。コロナ禍で東京オリンピックは無観客で行われているわけですから、世間からの理解は得られないですよね」(スポーツ紙記者)

 各メディアで芝田山部長は、

「申請書出して、こちらで審査しなきゃいけない状況なんだから。たとえば、政府からの要請なら、別。単なるモンゴル選手団からの要請じゃだめでしょう。事情聴取する必要はないよ。行っちゃってんだから。客は入れないということで、だめだよということで行っちゃてるんだから、事情聴取も何もあったもんじゃない。何を勘違いしてるのか、大きな間違いをしてるんじゃないか」

 と、不快感をあらわにしたコメントをしている。

「本当になぜこのタイミングで白鵬はわざわざ観戦したのか……。実は、この行動が白鵬の“匂わせ”ではないか、という声が上がっているんです」(前同)

■白鵬の夢だったオリンピック出場

 “匂わせ”とはどういうことか。

「実は、白鵬の出演が《閉会式の構想に入っているのでは?》という声が上がっているんです。東京オリンピック閉会式は8月8日に行われますが、7月23日の開会式ではなだぎ武(50)や劇団ひとり(44)がサプライズで出演。白鵬も同様に出演するプランがあって、今回の観戦についても“自分は関係者である”ということをあえて匂わせたのでは、という声も聞こえています。白鵬にとってオリンピックは“夢”でしたからね」(前同)

 白鵬は以前から、東京オリンピックを現役続行の目安と宣言しており、昨年4月27日に行われた先場所の優勝力士としての電話取材の際も、延期を「残念」としつつ、

「モチベーションもまた1年延びた」「自分よりオリンピック選手、特にベテラン選手は最後だという選手もたくさんいたと思う。でも中止ではなく延期。またオリンピックを狙えるという希望がある」

 としていた。

「白鵬とオリンピックの縁は深い。実父のジグジドゥ・ムンフバト氏はレスリング選手として1964年東京オリンピックから5大会連続出場を果たしているのは有名ですが、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)とも深い縁があるんです」(女性誌記者)

 橋本会長の父親の弟である善郎さんは高島部屋の元幕下力士“高葉山”。2月27日の『日刊スポーツ』によると、引退後に宮城野部屋のマネジャーになった善郎さんが約50年前にスカウトしたのが、白鵬の師匠で12代宮城野親方(元幕内竹葉山)だったという。

■「一周回って開き直っている」

「白鵬にとって、父親のムンフバト氏と同じオリンピックの舞台に立ちたかった、という気持ちは大きいと思います。今回の行動で間違いなく白鵬は好感度を下げましたが、もともと近年の白鵬はバッシングまみれ。一周回って、開き直っているのかもしれません」(前同)

 白鵬は立ち合いでの「張り手」や、相手の胸や顔に肘打ちする「かち上げ」が、以前から「横綱の使う技ではない」「品がない勝ち方」と批判の対象となっている。進退をかけた今年の7月場所千秋楽に、照ノ富士に勝利して7場所ぶりの優勝を決めた際は、相撲では御法度の「ガッツポーズ」を土俵上で披露し、こちらも騒動となった。

「五輪と相撲といえば、1998年長野冬季オリンピックの開会式で、当時ハワイ出身の横綱・曙(52)が土俵入りを披露しました。東横綱の貴乃花(48)が直前の同年1月場所中体調不良で途中休場となったために、西横綱の曙が代理出演した形でしたね」(前同)

 一世一代の晴れ舞台として待ちわびた東京五輪で、白鵬は土俵入りを果たすことができるのかーー。

関連リンク

  • 8/4 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます