東出昌大、「養育費月1万円」深刻ダメージも…「悪そうな顔楽しみ!」逆襲の「金髪ちょんまげ姿」!!

拡大画像を見る

 7月に行われた第74回カンヌ国際映画祭で、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が日本映画として初めて脚本賞を受賞。独立賞である国際映画批評家連盟賞とAFCAE賞、エキュメニカル審査員賞も受賞し、カンヌ4冠の偉業を達成した。

 このおめでたいニュースの裏で、あるスキャンダルが掘り返されたという。

「濱口氏は2018年9月公開の映画『寝ても覚めても』で監督を務めているんです。この作品は、不倫で大騒動を巻き起こした東出昌大(33)と唐田えりか(23)の出会いのキッカケとなった作品と言われているため、濱口氏のカンヌ受賞で不祥事が蒸し返されたと、8月3日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が伝えています」(女性誌記者)

 2020年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で唐田との3年にわたる不倫関係が報じられ、同年夏に杏(35)との離婚に至った東出。5月27日発売の『女性セブン』(小学館)では、東出が子ども1人につき月1万円の養育費を提示し、杏がショックを受けているとの報道もあった。

「東出さんは不倫報道後も今年4月9日公開の『BLUE/ブルー』をはじめ映画仕事はこなしているものの、それらは不倫が発覚する前に決まっていた仕事で、新規のオファーは本当にないといいます。

 また、“養育費1万円”報道もあって、イメージがさらに悪化。キャスティング候補リストから名前が消えて、芸能関係者の間でも“さすがにアレはない”との声が出ているといいます。現在は、不倫発覚時以上に厳しい状況とも言えそうで、映画や地上波ドラマといった東出さんのかつての主戦場に戻るのは難しそうです」(芸能プロ関係者)

■金髪ちょんまげ姿の“ワル役”で逆襲なるか!?

 CMスポンサーに支えられる地上波ドラマへの出演は特に絶望的と言われる一方で、希望の光もあるようだ。

「東出さんは今年、Netflixで配信される映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』への出演が決まっています。2017年6月に発表された燃え殻氏の同名小説が原作で、主人公が昔フラれた彼女に間違えてFacebookの友達申請を送ってしまったことから始まるラブストーリー作品です。

 東出さんは、主人公の同僚・関口健太役を務める予定で、7月5日にはポスタービジュアルも公開。今までの東出さんのイメージとは違う金髪でちょんまげ結びをしている姿を見せています」(前出の芸能プロ関係者)

 東出が見せた金髪姿のキャラクターポスターには、「悪そーな顔ー 楽しみすぎます!」「東出くんの雑な金髪たまらんね」「東出昌大のビジュアル、金髪(黒髪混ざりのプリン)、煙草、ピアス…見れば見るほど良い。また新しい彼の姿が見られそう。楽しみでしかない」といった好意的な反応がネットには寄せられている。

「現在は、地上波ドラマは絶望的。映画も協賛企業をつけて製作されることが多いのでなかなか難しいかもしれませんね。そうなると、スポンサーのいないNetflixなど配信系の作品が東出さんの復帰が期待できる道なのではないでしょうか。

 俳優は、ひとつの作品、ひとつのシーンの演技でその評価を一変できる仕事。本人、そして彼の周囲の『ボクたちはみんな大人になれなかった』への期待は大きいでしょうね」(前同)

 東出にとって『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、起死回生の一発となるのか!?

関連リンク

  • 8/4 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます