望海風斗、宝塚退団後初コンサートで魅了 ラミン・カリムルー回のライブ配信も決定

 元宝塚歌劇団雪組トップスター・望海風斗の退団後初のコンサート『SPERO』が、8月2日、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて開幕した。

 宝塚在団当時の思い出の楽曲や、「シャレード」(映画『シャレード』より)、「Lover come back to me」、「ドリームガールズ」(ミュージカル『ドリームガールズ』より)、「月光」ほか、映画・ジャズ・ミュージカル・ポップスナンバーが多数登場。心にしみる歌声、そしてショーアップされたダンスシーンが加わり、“音楽”を存分に楽しめる空間を届ける。

 8月9日13時公演では、ライブ配信の実施が決定。同公演にはカナダの俳優・ミュージシャンのラミン・カリムルーがゲスト出演する。

 望海は「いよいよ、新たな世界に飛び込むんだという実感が湧いてきました。男役であろうと一人の人間であろうと歌うことが大好きだということは変わりません! コロナ禍で不安も多い中、新たな一歩を踏み出そうとしていらっしゃる方がいたら、このコンサートが一つのきっかけになったら嬉しいですし、コンサートを楽しみにしてくださっている皆様に、最高のギフトをお届けできるよう、一曲一曲心を込めて歌いたいです」とコメントしている。

 望海風斗コンサート『SPERO』は、大阪公演が梅田芸術劇場メインホールにて8月2~11日、福岡公演が北九州ソレイユホールにて8月20~22日、愛知公演が東海市芸術劇場大ホールにて9月16~17日、神奈川公演がKAAT 神奈川芸術劇場ホールにて9月26日~10月5日開催。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/3 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます