片瀬那奈、文春砲「クスリ疑惑」で『かのきれ』はどうなる?「フェードアウト濃厚」証言も…!!

拡大画像を見る

 女優・片瀬那奈(39)に関する衝撃的な報道が出てから、10日あまりが経過した。

 片瀬に関する衝撃的なニュースが報じられたのは7月22日のこと。同日の『文春オンライン』が、片瀬の恋人でIT企業「クリッチ」前代表取締役社長の岡田英明容疑者が7月上旬、コカイン所持の容疑で警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されたと報じたのだ。さらに記事では、彼と片瀬が住んでいた都内の自宅の家宅捜索、片瀬の尿検査を実施されていたと報じていた。

「片瀬はこのときの捜査で違法薬物は発見されず、尿検査も陰性だったといいます。ただ、1週間後の7月29日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、片瀬が、2015年頃から関係が始まった岡田容疑者と親密交際に至ってからドラッグパーティーを開催するようになったと、さらにはそこで片瀬がコカイン、大麻、MDMA、LSDを好んでいた、という友人の衝撃証言が掲載されたんです」(女性誌記者)

 あまりにも衝撃的な証言が掲載されてしまった片瀬だが、7月6日から放送されているSexyZoneの中島健人(27)と小芝風花(24)が主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(関西テレビ制作、フジテレビ系)に出演している。

■『かのきれ』次回予告には登場も……

 片瀬は、作中に登場する雑誌『ザ・モスト』日本版の編集者・岡島唯子を演じている。岡島は、同誌の創刊から編集に携わるベテランで部員たちからの深い信頼を得ているという役柄だ。

「岡島は、主人公たちが繰り広げる恋愛には絡まないのですが、物語に登場する『ザ・モスト』日本版の編集部には欠かせない存在です。『彼女はキレイだった』は五輪中継のため8月3日は休止し、翌週の10日に5話が放送されます。ドラマのSNSなどで公開されている5話の予告映像にはちゃんと片瀬も登場していて、小芝演じるヒロインの愛に話しかける場面もありました。

 ですので、次の5話には片瀬も登場するようですが、あれだけの衝撃的な報道ですからね……。6話以降、片瀬の出演シーンになんらかの影響があったとしても不思議ではないでしょうね」(前出の女性誌記者)

 ただ、7月29日発売の『週刊文春』に掲載されたのは、あくまで片瀬の友人の証言だ。

「今回出てしまった片瀬さんの話は友人の証言で、当然ながら疑惑の域を出ません。ただ、過去に薬物を使用していたという衝撃的の話。いくら疑惑だとしても、片瀬さんとすればイメージダウンは甚大で、雑誌が出た時点で裁判沙汰になってもおかしくないはずです。

 しかし、今回報じているのは、圧倒的な取材力を誇るナンバーワン週刊誌の『週刊文春』。入手した証言が真実だという絶対の自信があり、裁判になったとしても勝てるという確証があるからこそ出したのでしょう。これだけとんでもない話が出ているのに、片瀬さんサイドがいまだに、反論や否定のアクションをしていないのも引っかかりますよね」(ワイドショー関係者)

■疑惑に加え“虚偽報告”も!? フェードアウトの可能性も!?

 7月31日付の『東スポWeb』では、片瀬が事務所に虚偽の報告をしていた可能性を報じている。

「7月22日の『文春オンライン』の報道では、事務所は片瀬さんの家宅捜索と尿検査を受けた事実を否定しています。しかし、29日の『週刊文春』では事務所が片瀬さんに再確認を行ったとし、捜索と尿検査を受けた事実を認めているんですよ。1週間で180度話が変わったのですから、片瀬さんが事務所への報告の中で、虚偽の説明をしていた、との疑いが出てくるのも無理ないでしょうね」(前出のワイドショー関係者)

 芸能レポーターは言う。

「複数の芸能プロ関係者に話を聞きましたが、“現在の片瀬さんの置かれている状況は極めて厳しい”と口を揃えます。ある事務所の方は、こんな話が報じられてしまうのなら即刻契約解除、と話していましたね。

 そして、『週刊文春』の報道の内容に加えて、虚偽報告も真実だとしたら、事態はより深刻です。一部の週刊誌では、『文春オンライン』の第一報後に片瀬さんの事務所に確認を取ったところ、『文春オンライン』同様、家宅捜索と尿検査はなかったと言われ、それを掲載したら、発売と同時にコメントがまるっきり変わってしまったと。“いったいどうなっているんだ!?”と憤っているところもありました。警察沙汰の案件で、しっかりと対応できないのは事務所にとってもダメージ。片瀬さんは事務所にも泥を塗ってしまったわけです。

 黒すぎる疑惑に加え、事務所との信頼関係も崩れる行為をしたのだとすれば、もう守っていくのは厳しいとなってしまいますよね。ただ、複数の芸能プロの方が言うには、即契約解除などすれば、余計に目立ってしまう。なので、現在の進行中のもの以外は仕事を入れず、徐々にフェードアウトしていって、世間が忘れた頃に退所する、という流れになるのかもといいますね……」

 厳しい立場に置かれている片瀬。現在、放送中の『彼女はキレイだった』にも、影響が出てしまうのだろうか……。

関連リンク

  • 8/3 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます