テレ朝・弘中綾香は「お風呂場面」公開でも…有名美女「イメージ崩壊」現場!

拡大画像を見る

 テレビ朝日・弘中綾香アナ(30)が7月7日に発売したフォトブック「ひろなかのなか」(講談社)に“大コケ”の烙印が押されようとしている。

 オリコン週間写真集ランキングによると、初週で第4位に入るも売上部数は4013部。2週目は第5位と順位を落とし、1787部という結果となった。これには出版関係者も苦笑いでこう話す。

「2月に発売されたフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)は予約時点で重版がかかり、初週で1・2万部、3度の重版で累計5万部を突破しました。今回のフォトブックも期待値が高く、最低でも2万部、目標は5万部という算段でした。現状では期待の10分の1しか売れていません」

 成功を収めたフォトエッセイからわずか5カ月で発売されたフォトブックは、「二匹目のドジョウ」とはいかなかったようだ。

「コロナ禍で撮影が急ピッチで進められた関係で、制作費は比較的安くおさえられています。予想を裏切る結果となりましたが、実はダメージはそこまで大きくはないですね」(前出・出版関係者)

 実際に、フォトブックを開いてみると「弘中綾香と過ごす夏」をコンセプトにドライブ、レストラン、水族館、旅館、ラフティングを体験。1泊2日の思い出旅行が疑似体験できる構成となっている。中でも、最大の見所は“お風呂シーン”で間違いないだろう。旅館にお泊まりする弘中アナは薄紫色で花柄模様の浴衣にお着替え。チャームポイントの黒髪ボブを後ろでまとめ、寝転びながらこちらを見つめる表情からは、三十路を迎えた艶気を醸し出している。

 弘中アナを巡るさらなる最新事情を含め、杉本彩、加藤綾子、熊田曜子など計10名の「イメージ崩壊」現場を8月3日発売の「週刊アサヒ芸能」8月12・19日合併号で詳報している。

関連リンク

  • 8/3 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます