ユヴェントス、36歳の主将キエッリーニと契約延長!…2023年までの新契約締結

拡大画像を見る

 ユヴェントスは2日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニとの契約を2023年まで延長したことを発表した。

 キエッリーニは今夏にユヴェントスとの契約が満了を迎えていたため、移籍の可能性も報じられていたが、無事に新契約締結に至った。クラブは公式サイトで、「ジョルジョはユーヴェのDNAであり、歴史であり、現在であり、闘志と情熱であり、心臓と頭脳である」などとコメントしている。

 現在36歳のキエッリーニは2005年夏にフィオレンティーナからユヴェントスに移籍。16シーズンで公式戦535試合に出場し、2018年夏からはキャプテンも務めて、前人未到のセリエA9連覇や5度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。

 イタリア代表では2004年11月にデビューを飾り、通算112試合に出場している。今夏のEURO2020ではキャプテンとしてチームをけん引し、53年ぶり2度目の欧州制覇に貢献。負傷で2試合の欠場を強いられたが、決勝など5試合に出場し、代表で自身初のタイトルを獲得した。

関連リンク

  • 8/3 4:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます