「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ

拡大画像を見る

 7月28日に放送された戸田恵梨香と永野芽郁のダブル主演ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系)第4話の視聴率が、8.9%だったことがわかった。同ドラマは今回、初の視聴率1ケタを記録したという。

「『ハコヅメ』の視聴率は、1~2話が11%台、3話が10%台と2ケタを維持していましたが、今回初めて1ケタ台へと下落することに。この日は、裏で東京オリンピックの男子サッカーが放送されていたこともあり、録画や配信で済ませる視聴者も多かったのでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな第4話では、警察の特別捜査本部に応援として捜査に加わった主人公たちが、女子中高生を狙った連続傷害事件の犯人を、ベテラン刑事たちとともに追うという展開が描かれた。その際、出演者である元乃木坂46の女優・西野七瀬のスタイルに大きな注目が集まったという。

「西野は『ハコヅメ』にて、捜査一係の紅一点となる刑事役で出演しています。第4話では、西野演じる刑事が、犯人が乗っていたとされる黒色のワゴンを街中で探し回る展開が描かれました。その際、西野はレディーススーツを着ていたため、ズボン越しのヒップラインが艶っぽいと話題に。すると放送時は、『歩いている後ろ姿の艶気がすごい』『ヒップがプリプリだ!』『ウエアのラインが透けてるように見えてたまらん!』などと、クギ付けとなる視聴者が相次ぎました」(前出・テレビ誌記者)

 戸田と永野が主演を務める「ハコヅメ」だが、西野の存在感もメイン2人に負けていないようだ。

関連リンク

  • 8/2 10:40
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます