ラランド・サーヤ「フリー・大阪進出、歌手」…最強「自己プロデュース」は男関係も…!!

拡大画像を見る

「EXITや霜降り明星など、お笑い第7世代の台頭がめざましいですが、その中でもラランドのサーヤ(25)への注目が日に日に高まっています」(お笑いプロ関係者)

 ラランドは上智大学外国語学部の同級生だったボケ担当のサーヤとツッコミ担当のニシダ(26)によるお笑いコンビ。

 2019年の『M-1グランプリ』ではアマチュアながら準決勝に進出し、大いに注目を集め、その後はさまざまな番組に引っ張りだこの存在に。サーヤは企業に務めつつ、芸人を兼業し、今年2月までは芸能事務所に所属することなくフリーとして活動していたが、3月には個人事務所「レモンジャム」を設立している。

「サーヤは事務所の社長を務め、遅刻癖がたびたび番組でも取り上げられる“ダメキャラ”のニシダは社員という立場です。さらに、学生時代に早稲田大学のお笑いサークルに所属し、しのぎを削り、大学卒業後は大手芸能事務所に勤めていた通称“マネたく”を引き抜いて、個人事務所に迎え入れたといいますから、サーヤの経営手腕が光りますよね。

 20代半ばであれば、“できるだけ大きな芸能プロに入って頑張っていこう”となる芸人が多い中、自分たちでやるという選択をしたわけです。特にサーヤは“事務所に入る意味はない”と考えているようです」(前同)

 2020年10月の『7RULES』(フジテレビ系)に出演したサーヤは、自身に課す7つのルールを明らかにした。その中には「事務所に所属しない」というものもあり、このルールについて「『ラランドチーム』みたいな感じで、無所属で自信持ってやっていこうかなと思います」と語った。

 また、「自分を信じてついてきてくれる仲間たちにできる恩返しは、フリーのまま売れること。“無所属でもこのまま突っ走れたらなと思ってます”」とした。

「サーヤは大学卒業後、広告代理店の仕事を通じて業界の仕組みを学んだといいます。そして、実力や自信があれば事務所に所属する意味はないと考えるようになったようです。むしろ“中抜き”がないぶんギャラを安く抑えられるため、テレビ局や仕事先からのオファーも来やすいと。その戦略が功を奏しているようですよ」(同)

■逆算で『M-1』準決勝に進出!

 2020年10月、サーヤはラジオ番組『卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ』(文化放送)のパーソナリティに就任。その際、代理店に勤務しながら芸人をやっていることについて、「相乗効果はあった。社会人になってから(仕事で)商品からターゲットを決めて、そしてキャッチコピーを考える逆算が、芸人も当てはまる」とコメント。

 さらに「素人すぎる見え方だったので、衣装をそろえてターゲットを考える“逆算”のお陰で、ずっと『M―1』が2回戦止まりだったけど、(その戦略で)準決勝に行けました」と語った。

「そのお笑いの能力も高く評価されており、笑福亭鶴瓶さん(69)も2人の漫才を目にして“芝居が上手い”と感心していたといいます。お笑いへの情熱は学生時代から高く、それが大阪進出にもつながったのではないでしょうか」(前出のお笑いプロ関係者)

 4月4日、ラランドは「事務所設立&会社方針記者発表会」を行い、重大発表としてサーヤは「4月から我々、大阪進出させていただきます」と発表。2020年はさまざまな仕事をこなしたが“タレント化”していることを懸念しており「お笑いの英才教育をさせていただいて、お笑いをちゃんと上達させていただいて、東京に戻ってくる」と説明した。

 関西の番組に積極的に出演し、定期ライブも実施。また、東京での仕事も続けていくとし、4月21日と7月21日には、大阪ローカルの情報番組『2時45分からはスローでイージーなルーティーンで』(カンテレ)で、ラランドはMCを務めた。

「ビジネスやお笑いだけではありません。サーヤは最近、歌手活動もスタートさせているんです」(前同)

 5月20日、ゲスの極み乙女。やindigo la Endの川谷絵音(32)による楽曲をさまざまなボーカリストに歌ってもらうプロジェクト「美的計画」のボーカルをサーヤが担当し、歌手デビューを果たすことが明らかになった。

 同日、サーヤはツイッターを更新し、「この度、川谷絵音さんのソロプロジェクト『美的計画』に歌唱参加させていただきました! ずっと密かに夢見てきた事で、ぶっちゃけ今でも嘘みたいです」と報告した。

■テレビ番組での号泣は……!? サーヤは恋愛も戦略的?

 前出のお笑いプロ関係者は続ける。

「お笑いだけにこだわらず、会社員と兼業したり、歌などのさまざまな分野に挑戦していくのも、サーヤの戦略なのかもしれませんね。ただ、戦略的なのは仕事面に関してだけではないそうなんです。愛くるしいルックスのサーヤは、男性からもかなりモテるそうですが、その男性関係もかなり戦略的だとささやかれていますね」

 7月16日に放送された『千原ジュニアのヘベレケ』(東海テレビ)では、涙を流しながら約2年間交際を続けてきた男性との別れの予感を語っていたサーヤだが、

「その男性なのか、もしくは別なのか……今後のラランドの仕事にもつながっていきそうな芸能界の実力者との噂があるんですよね」

 前出の『7RULES』で、サーヤは自身のルールとして「尊敬する人としか飲みに行かない」と語っている。

「サーヤは、お笑いを熱く語りながらお酒を飲むことが好きだと言いますが、飲みに行くのは自分の尊敬する人とだけ。大人数の飲み会では、その場、独特のノリみたいなものが生まれるが、その時間がもったいないと語っていました。そして、本当に夢を叶えている人の話を聞きたいと、そのルールを課している理由も明かしています。

 親密になる男性も、夢を叶えていたり、自分のやりたいことがしっかりとできている人なのではないでしょうか。彼女は自然にそういう人に惹かれているだけかもしれませんが、結果的には、仕事にもつながる戦略的なものになっているのでしょうね」(前同)

 笑いのセンスとしたたかな戦略性を併せ持つサーヤとラランドは、今後、お笑い界の階段をどんどん駆け上がっていくのだろう。

関連リンク

  • 8/2 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます