【関越S結果】サトノウィザードが大外からまとめて差し切る

拡大画像を見る

 1日、新潟競馬場で行われた関越S(3歳上・OP・芝1800m)は、後方でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の2番人気サトノウィザード(牡5、美浦・宮田敬介厩舎)が、直線で大外からまとめて差し切り、2番手追走から粘った3番人気ウインイクシード(牡7、美浦・鈴木伸尋厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒1(良)。

 さらにアタマ差の3着に16番人気ソッサスブレイ(セ7、美浦・粕谷昌央厩舎)が入った。なお、1番人気ジュンライトボルト(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は6着に終わった。

 勝ったサトノウィザードは、父ロードカナロア、母ブロードストリート、その父アグネスタキオンという血統。引退した松田国英厩舎からの転厩初戦で、半年ぶりとなった実戦を見事制し、オープン初勝利を飾った。

関連リンク

  • 8/1 15:58
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます