林遣都と大島優子の結婚発表で祝福の声とともに名前があがった元メンバーとは

拡大画像を見る

 俳優の林遣都と女優の大島優子が結婚することを双方の事務所が7月29日に発表した。同日、ニュースサイト「スポニチアネックス」が2人の結婚が近いことを報じており、報道を受けての発表と見られる。

 同記事によると2人は12年公開の映画「闇金ウシジマくん」で共演。大島は当時アイドルグループ・AKB48に在籍中で、林は大島が“推しメン”と明かしていたという。急接近したのは19年9月から放送された連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)と昨年1月に放送された新春ドラマ「教場」(フジテレビ系)での共演から。2人は「スカーレット」撮影終了後の昨年夏頃から交際をスタートさせたといい、自宅などでのデートなど人の目に触れない“極秘交際”を徹底していたという。

 報道を受けて2人は連名のFAXで「この度、私たち、林遣都と大島優子は結婚することになりました」と報告。それぞれの公式サイトでも結婚を発表した。

 ネットでは《おめでとうございます!》《お似合い!》といった祝福の声があふれる一方で、《元カノって、島崎遥香だよね。気まずくないのかな?》《ぱるると噂あったよね?》といった声も。

「林は19年12月にニュースサイト『週刊文春デジタル』でAKB48の元メンバーである島崎遥香との交際、“同棲未遂”を報じられています。同記事では島崎への直撃取材も行われ、島崎は笑顔で『同棲も交際もしていないです』と否定していましたが、実はこの頃には破局していたと言われています。ということは、林は島崎と別れた後に大島と付き合ったということで、元AKB48メンバーと続けて交際していたことになります」(芸能記者)

 AKB48の元・人気メンバーと立て続けに付き合い、結婚に至るとは、オタクならずともうらやましい限りだ。

(柏原廉)

関連リンク

  • 8/1 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます