いい感じだった男性と交際をしなかった理由9パターン

付き合うのは「時間の問題」というくらい気が合う男性がいたのに交際に発展しなかった経験のある女性は多いようです。ではなぜ、お付き合いに至らなかったのでしょうか。そこで、今回はオトメスゴレン読者に聞いた「いい感じだった男性と交際をしなかった理由9パターン」を紹介します。

【1】結婚を意識する年令だったが、相手が年下すぎたから
「私がもっと若かったら…」(30代女性)など女性は、相手に「生活力」を求めるあまり、若すぎる男性は現実的ではないと結論づけてしまうようです。「3年後には○○をする」などしっかりとした将来のウ゛ィジョンを話すと、女性が抱く「結婚生活への不安」が軽くなって交際に前向きになってくれるかもしれません。

【2】その男性より先にほかの男性から告白されたから
「好きになってくれるのは嬉しい」(20代女性)など、女性はストレートに自分を慕ってくれる男性にサッと心を奪われることもあるようです。常に「○○ちゃんが彼女だったらいいなぁ」など好意をアピールしておくと、他の人に奪われるリスクは軽減されるかもしれません。

【3】友達としての関係が崩れるのが怖かったから
「いまの関係が一番楽しい気がした」(20代女性)など、何の不満もなく一緒に過ごせる友達関係がベストに感じたケースです。交際したい女友達には「俺たちさらに良い関係が築けそう」など伝えると安心して次のステップを考えてくれるかもしれません。

【4】あまりにも近い友達になってしまい「男性としての良さ」に気づかなかったから
「気付いたときは遅かった」(20代女性)など、仲がよすぎて異性として意識しないまま終わったパターンです。「俺たち付き合ったらうまくいくね」と恋愛を連想させる発言をすると、距離がグッと近づくかもしれません。

【5】相手が転勤してしまって疎遠になってしまったから
「会えなくて気持ちが薄れた」(20代女性)など、物理的な距離のせいで気持ちにも距離が生まれてしまうこともあるようです。遠距離でも付き合いたいほど好きな女性には、「振られてもどうせ顔を合わせなくなるし」と覚悟を決めて告白してはいかがでしょう。

【6】男性がアプローチをしてきてくれなかったので諦めてしまったから
「自分に興味がないと凹んだ」(20代女性)など、「アプローチがない」=「好意がない」と判断する女性は多いようです。尻込みして伝えられていないだけであれば「かわいいよね」など好意を連想させる言葉をたくさんかけてみてはいかがでしょう。

【7】あまりにもイケメンだったので飛び込む勇気がなかったから
「浮気されそうで心配」(30代女性)など、男性のビジュアルが良すぎても「私じゃ本命になれないのでは」と勇気をもてないパターンです。自分がイケメンだと自覚している男性は、告白の際に「キミみたいな子は初めて」など今までの女性とは違う「特別感」をアピールすると、女性が安心してくれるかもしれません。

【8】仕事や趣味に没頭していて、恋愛が二の次になっていた時期だったから
「気持ちに余裕がなかった」(30代女性)など、気が合う男性がいても、タイミングによっては恋愛をしたいモードではないときもあるようです。好きな女性に「頑張っている女性って応援したくなる!」など伝えると「この人となら両立できるかも」と恋愛を意識してくれるかもしれません。

【9】元彼のことが忘れられず新しい恋をする気になれなかった
「元彼と比べてしまう」(20代女性)など、前の恋愛を引きずり、新たな恋に踏み込めないケースです。「すごく魅力的だし、もっといい人が絶対いるよ」など次の恋愛への勇気を持たせてあげると、その優しさにキュンとなる女性は多いでしょう。

ほかにも「いい感じだった男性と交際をしなかった理由」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/1 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます