株式会社TOKIOが優良企業に成長!ジャニーズの新たな道を切り拓く

拡大画像を見る

 4月1日にスタートして4カ月、株式会社TOKIOが優良企業として名を上げている。

 2018年に山口達也が不祥事を起こしてジャニーズ事務所を辞め、今年3月に長瀬智也が退所して、3人に減ったTOKIO。音楽活動ができなくなったが、ジャニーズの傘下会社としてグループ名をそのまま会社化。リーダーで最年長の城島茂が社長となり、国分太一が副社長で企画、松岡昌宏が副社長で広報となった。

 冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で培った人脈と知識をフルで生かすべく、名刺はメンバー5人が公私ともに接してきた福島県の杉を伐採して作製した厚さ1.2cmの木。ロゴは3人で考え、センターに赤い5つ星を入れた。「3」ではなく「5」であるところがTOKIOのこだわりだ。

 これらの様子を映した動画を4月1日に開設した公式ホームページで公開。同日には、日本経済新聞に広告を掲出。多くのビジネスマンの目に留まったことで、新たな仕事がいくつか決まった。

「褒められるのは、ホームページで『事業記録』を公開しているところです。以前からTOKIOをCM起用していた『フマキラー』は、3人になっても契約を更改。それに伴い国分がクリエイティブディレクターを任され企画書を製作、リモートで会議。人生で初めて作ったプレゼンの資料、CM音源まで『事業記録』で明かしました」(週刊誌記者)

 スローガンは「汗をかいて。手を働かせて。思いを重ねて。」。昨夏から水面下で稼働していたため、決議案が動き出すと早い。

 4月には、日本テレビの新キャンペーン「Good For the Planetウィーク」のパーソナリティに就任したことが発表された。同月には国分が注目のスタートアップ企業と対談する経済ドキュメンタリー番組「TOKIOテラス」(毎日放送)が、関西ローカルでスタートした。月に1度のローカル番組だが、在京民放キー5局が中心となって運営するテレビ番組の無料配信サービス「TVer」で見られるため、反響はある。

「株式会社丸亀製麺と『共創型パートナーシップ』を締結しており、“うどんで日本を元気にプロジェクト”のもと、食への取り組みも進めています。城島はキッチンカーで全国行脚、国分は野菜を中心とした食育、松岡は農家や水産のトッピングをプランニングしています」(前出・週刊誌記者)

 5月には「Make with TOKIO!一緒につくろうプロジェクト」という新プロジェクトを発表。ビジネスパートナーを広く募り、寄せられた資料すべてに3人が目を通し、社内会議を繰り返した。6月には国分が「セールスフォース・ドットコム」主催のバーチャルカンファレンスに起業家として招かれ、講演をした。

 かつてのガテン系農業アイドルは、新社会人として日々成長。そんな3人の後ろ姿も、ジャニーズの後輩の道標となっていくに違いない。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 8/1 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます