しっかり貯金をしたい!【夫婦でお金を貯める】おすすめの方法って?

拡大画像を見る


海外旅行に行ったり家を買ったりなど、結婚すると二人で共通の目標を持つこともあるでしょう。
その時、お金がないと夢を叶えることができません。では、夫婦でお金を貯める時にはどういう点に気を付ければ良いのでしょうか。
しっかり貯金をして二人の夢を叶えるための方法を知っておきましょう。


お互いにしっかりお小遣いを決める

共働きの夫婦だと、自分の稼ぎは自分のものとして好き勝手に使ってしまいがちです。そうすると、どうしても「相手が貯金しているだろう」という甘い気持ちが芽生えることもあるでしょう。
結果的に、収入の割に貯金が少ないという事態に陥ってしまうこともあります。それを避けるためには、お互いにしっかりお小遣いを決めてその範囲内でやりくりしましょう。
そうすることで一気に貯金を増やすこともできますよ。


貯金用の口座を作る

お小遣いを決めたつもりでも、手元にお金があるとついつい贅沢してしまうこともあるでしょう。
そうしないためには、貯金用の口座を作るのもおすすめです。給料日に定額をそこに移すことで、実際に口座にあるお金を少なく見せて節約への意識を高めることができます。
もちろん、貯金用の口座は目標額に達するまでそのままにしておく強い意思を持ちましょう。


家計簿は1円単位で

家計簿をつけるのが面倒な人は「大体10,000円くらい」のように大雑把な家計簿をつけてしまいがちです。
しかしながら、その時は数百円の誤差でも一ヵ月分積み重なると数万円の誤差になるケースもあります。
家計簿は面倒でも1円単位でしっかりつけましょう。また、クレジットカードもしっかりチェックすることが重要です。
オンラインショッピングなどを使うと知らず知らずのうちに浪費している可能性があるので注意しましょう。


何かの時のためにも普段からお金を貯めておこう!

結婚すると、お互いの親戚の冠婚葬祭など急な出費は独身時代よりも多くなるものです。
そういった出費や二人の共通の目標のためにも、普段から貯金をしっかりする習慣をつけておくと良いでしょう。自分で自分を甘やかさず、ストイックに貯金していきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/1 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます