日本とスペインが激闘制して4強入り! 韓国に大勝のメキシコはブラジルと対戦へ/東京五輪男子準々決勝

拡大画像を見る

 東京オリンピック男子サッカー競技の準々決勝が31日に行われた。

 A組を全勝で突破した日本は、決勝トーナメントに初進出したB組2位のニュージーランドと対戦。日本はなかなか主導権を握れない苦しい展開となり、スコアレスで延長戦に突入。そのまま得点が生まれずにPK戦を迎えたものの、GK谷晃生のストップもあり、日本が4-2でPK戦を制した。

 C組首位のスペインはD組2位のコートジボワールと対戦。スペインは1-1で迎えた後半アディショナルタイム1分にコートジボワールの勝ち越し点を許したものの、その2分後に追いつき延長戦へ。延長戦で3点を加えて逆転勝利を収めた。

 D組首位のブラジルは、前半の1点を守り切ってC組2位のエジプトを撃破。A組2位のメキシコはB組首位の韓国との打ち合いを6-3で制し、準決勝に駒を進めた。

 準決勝は8月3日に行われ、メキシコvsブラジルは17時、日本vsスペインは20時のキックオフを予定している。

■試合結果
スペイン 5-2 コートジボワール
日本 0-0(PK戦:4-2) ニュージーランド
ブラジル 1-0 エジプト
韓国 3-6 メキシコ

■準決勝・組み合わせ
▼8月3日
17:00 メキシコ vs ブラジル
20:00 日本 vs スペイン

関連リンク

  • 7/31 22:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます