もう恋はこりごり...!【恋愛する気がなくなった出来事】って?

拡大画像を見る


恋愛は楽しくて日々の生活に張り合いを与えてくれるものです。しかしながら、どんな恋愛でも楽しいわけではありません。
場合によっては恋愛によって「もう恋なんてしたくない!」と思ってしまうこともあるでしょう。では、恋愛に嫌気がさしてしまうような出来事にはどのようなものがあるのでしょうか。


結婚直前でフラれる

結婚直前となると、自分でももうフラれることはないと思いがちな時期です。
もちろん、自分たちだけで話し合っているのではなく、お互いの家族や、場合によっては親しい友人や会社関係にも報告している人もいるでしょう。
それなのに結婚直前にフラれてしまうと、気まずさや恥ずかしさで絶望してしまいかねません。
自分になんの落ち度もなく、相手の心変わりが原因の場合などは、さらに恋愛に対して嫌悪感を持ってしまい二度と恋なんてしたくないと思っても無理はありません。


長年付き合ってたのに浮気相手だった

結婚までは意識していなくても、長年付き合っていた彼氏に裏切られるのも大きな衝撃となります。
たとえば、自分が本命彼女だと信じて疑うことすらなかったのに、実は浮気相手だったことが分かると絶望してしまうでしょう。
「彼女と結婚するから別れてほしい」なんて言われると、とっさに理解ができないのも無理はない話です。「そんな経験をするくらいなら恋愛なんてもうこりごり!」となる人もいるでしょう。


友達に裏切られた

恋愛が嫌になってしまうのは恋人からの裏切りばかりではありません。友達に裏切られた経験も恋愛に対する拒否反応の原因となってしまうでしょう。
協力してくれたはずの友達が裏で彼にアプローチをしていて略奪されてしまったら、もう誰も信じられなくなるのも無理はありません。
恋愛も友情も一緒に失うような経験をすると、恋愛が無理になってしまうのも当然の反応かもしれません。


恋愛する気がなくなる衝撃の出来事は立ち直りに時間がかかるかも

恋愛に対してやる気がなくなるほど衝撃的な出来事を体験してしまうと、なかなか周りの人にも話せなく苦しむことになりかねません。
そうした出来事から立ち直るためには、一朝一夕では無理でしょう。場合によっては、数年くらい落ち込むことも覚悟しなければならないかもしれません。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/31 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます