意外と余りがちなパン粉の再活用レシピ3選!スイーツもふりかけも作れちゃう

こんにちは。家事コツ研究員のAです。

夏はなるべく火を使った料理はしたくないもの。特に揚げ物は夏場のキッチンの天敵とも言えます。そのため頻度が激減し、揚げ物に必要なパン粉も余りがちで、「未開封のままひと夏を超えてしまった!」なんてことも……。

そこで今回はパン粉のアレンジレシピを調べていろいろと試してみました。パン粉を大量消費したい人は必見です!

アレンジ①時短でできる!パン粉フレンチトースト

【材料(1人分)】

・パン粉:30g

・砂糖:大さじ1

・卵:1個

・牛乳:50g

・サラダ油:適量

・はちみつ:適量

【作り方】

  ボウルにパン粉、砂糖、牛乳を入れ、パン粉がしっとりするまでよく混ぜる

  溶き卵を加えてしっかり混ぜる

③  フライパンにサラダ油をひいて、②を流し入れて形を整える

④  両面に焼き色がつくまで約3分ずつ、弱火で焼く

  好きな大きさに切って器に盛り、はちみつをかけて完成

お好みで生クリームやアイスをトッピングしてくださいね。一口食べてみると、食感はしっとりとしつつも、もちもちとした弾力があっておいしい! パン粉のパサパサ感もまったくなく、とても食べやすいです。

通常のフレンチトーストは食パンに卵液をしっかりつけておかないと中まで卵液が染み込んでくれません。一晩漬けこむこともありますよね。しかし、このレシピだと漬け込む必要ナシ! 

ササっと作ることができるので、忙しい朝にもピッタリですよ。

アレンジ②トースターで作れちゃうチョコブラウニー

【材料(4個分)】

・パン粉:60g

・板チョコ:1枚

・牛乳:100cc

・好きなナッツ:適量

・サラダ油:適量

・粉糖:適量

【作り方】

①  ボウルにパン粉と牛乳を入れ、パン粉がしっとりするまで混ぜる

  湯せんで溶かした板チョコとナッツを加えてよく混ぜ合わせる

  アルミホイルにサラダ油を薄く塗り、生地を乗せて形を整える

  トースターで約10分焼く

  あら熱をとったらアルミホイルからはずし、好きな大きさにカットして粉糖をかけたら完成

トースターで焼く時間は都度調整してOKですが、油断すると焦げてしまうので注意してください。

形成するときに薄めにすると、サクサク食感が際立つブラウニーになります。逆に厚めにすると、中のしっとり感が楽しめます。お好みで作ってみてくださいね。

材料も少なく、焼き時間もあっという間なのに豪華なチョコブラウニーが作れますよ。

アレンジ③ご飯が止まらない!パン粉ふりかけ

【材料】

・パン粉:30g

・にんにく:1、2片

・パセリやバジル、オレガノなどのドライハーブ:適量

・オリーブオイル:大さじ1

・塩:小さじ1

【作り方】

  フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたにんにくを入れて炒める

  パン粉を入れて、全体の色が変わるまで弱火で5分ほど炒める

  塩とドライハーブ類を加えて全体を混ぜ合わせたら火を止めて完成

にんにくを焦がさないように弱火で炒めるのがポイント。ご飯はもちろん、バターを塗った食パンにかけるのもおすすめ。魚に振りかけて焼いたらワインに合う一品に。

ハーブとにんにくの香り、そしてパン粉のサクサク食感がたまらないふりかけです。

まとめ

当然ながらパン粉の原材料はパンなので、パンや小麦粉で作る料理の代用としていろいろと使えることがわかりました!

粉になっているので水分をしっかり含んでくれるのも、さまざまな料理で扱いやすいんですよね。どれも本当においしかったので、ぜひ試してみてくださいね。

撮影・文/AKI

関連リンク

  • 7/28 7:30
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます