Netflix超大作ドラマで共演・佐藤健と満島ひかり「14年前の意外すぎる絆」と「新たな未来」

拡大画像を見る

 8月12日号の『女性セブン』(小学館)が、俳優の佐藤健(32)がコロナ禍のなか500人規模のエキストラを集めて新ドラマの撮影に臨む姿を報じた。佐藤が撮影していたのは、22年配信予定のドラマ『First Love 初恋』(Netflix)。相手役でW主演の相手が満島ひかり(35)であることも注目されている。

「記事によると、先に満島が起用されることが決まっていて、“相手役はドキドキする人がいい”という理由で満島が佐藤を指名し、“なかなか会えないし、なかなか共演できない人。貴重な機会”と佐藤も快諾したとのことです。

 ただ、一部メディアで佐藤と満島について“2人は初共演”とされているのは間違いです。実は、07年に佐藤の初主演ドラマ『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)で、2人はガッツリと共演しています」(女性誌記者)

 満島が『電王』で演じていたのは「佐藤の高校時代の同級生で、留学から帰国した少女・沢田由香」。出番は前後編の第17、18話と直接顔は合わせない第33話の3話だけだったが物語が大きく動く回に出演しており、印象に残った視聴者は多いだろう。

「序盤から伏線を張りつつも、具体的に明かされなかった本編前に主人公(佐藤健)や姉(松本若菜)を襲った不可思議な婚約者失踪事件が明かされたり、物語のカギを握る2号ライダー・ゼロノスが登場したり、風雲急を告げる回に出演していました。佐藤も明らかに覚えているでしょうね」(特撮ライター)

 ちなみに満島はアイドルグループ『Folder5』としての活動終了後、女優に転身したが、05年の『ウルトラマンマックス』(TBS系)が連続ドラマ初出演だった。佐藤も満島も、両作品をたびたび「役者の原点」と語っていることも、相性の良さを感じさせる。

■満島が気になるもう1つの理由

「その後、三浦春馬さん主演の10年のドラマ『ブラッディマンデイ シーズン2』(TBS系)でも絡みは少なかったですが、満島がシーズン2における超重要人物として、佐藤は三浦さんの親友としてそれぞれ共演していました。なので、共演は今回は3度目となりますね」(前出の女性誌記者)

 そんな満島と佐藤だが、6月5日の『文春オンライン』では満島が「もっと若い時に一緒に演じてたら、絶対人生違ってたと思う。健くんだってそうでしょ」と話していたと報じられたり、今回の『女性セブン』では、休憩時もいい雰囲気であることからスタッフが「お似合いだね」という声が出たりと、恋愛に発展しそうな雰囲気だというが、佐藤には別の目的があるのでは、という声もある。

「佐藤は今年3月末に神木隆之介(28)と一緒に古巣アミューズから独立したこともあり、6月13日付の『日刊ゲンダイDIGITAL』によると、周囲の関係者に“何かあったらぜひ”と頭を下げているそうです。結婚や恋愛も、“考える状況じゃありません”と真顔で答えているといいます。

 むしろ俳優業でなく裏方まで仕事を広げて、“アーティストのステージングやプロモーションビデオの演出”に興味を持って、すでに複数のアーティストの関係者とも接触の機会を設けているそうです。つまり、佐藤が満島をプロデュースする可能性があるかもしないんですよ」(前同)

■歌手としても魅力的な満島

 満島はFolder5が03年ごろに事実上解散して以降は、歌やダンスを披露する機会は激減したが、コラボでの歌唱などを披露するたびに圧倒的な高評価を得ている。17年には、プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一のプロジェクトMONDO GROSSOの『ラビリンス』のMVで、久しぶりにダンスとボーカルを披露した際も、ブランクを感じるどころか洗練されたダンスは高く評価された。

「フジテレビが手掛ける小沢健二(53)がホストを務める企画『Tokyo,Music&Us 2017-2018』では、初回ゲストに満島を招いて小沢の代表作“ラブリー”を雨の中、屋形船の屋上で一発録り。落ち着きのある大人びた声だけど軽やかな感じもさせる、やはり抜群の歌唱力でした。歌手としても満島を、もっと見てみたい、という人は多いんです」(専門誌記者)

大塚製薬の『カロリーメイト』CMに起用された際は、12年には中島みゆき(69)の『ファイト!』を、13年には、米米CLUBの名曲『浪漫飛行』を、それぞれカバーしている。

「特に『ファイト!』は、2020年8月26日放送に“スタッフのラブコール”を受けて『2020FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)で再び披露されました。CM当時より歳を重ねたことで表現力により深みが出ていて、《この人ほど心震わせる歌い方ができるのは中島みゆき本人しかいないと思う》《満島ひかりまた歌手として活躍して欲しい。》《鳥肌が立つ。語っていたところから歌い出すところの切り替えが自然すぎてすごい》と絶賛の嵐でしたね」(前同)

 昨年12月3日に、佐藤は『First Love 初恋』について、

「役者としても、これだけ時間を与えてもらうことは贅沢だし、感謝もしています。でも物づくりって、本来そうあるべきだなとも思っていて。それに、このくらい本気度の高い作品じゃないと満島ひかりは出てこないんだなと。なんて言うか、レアポケモンみたいになっていて、なかなか会えないし、なかなか共演できない人なので、この機会はほんとに貴重です(笑)」

 と、コメントを寄せている。

“レアポケモン”満島をゲットして、自分の手でプロデュースしたい……佐藤の野望が叶う日は来るか?

関連リンク

  • 7/31 7:31
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます