中川大志『ボク恋』視聴率が危険水域!物語迷走・オリパラ編成の「打開策」

拡大画像を見る

 中川大志(23)主演のドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)の第4話が7月25日に放送され、平均世帯視聴率が4.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)となり、5%切りという危険水域に降下してしまった。

 このドラマは、最高に間が悪い殺し屋・男虎柊(おのとらしゅう/中川大志)が、育ての父・丈一郎(藤木直人/48)を殺した人気漫画家・鳴宮美月(新木優子/27)に報復しようと近づくが、殺すどころか恋に落ちそうになってしまうラブコメディで、通称“ボク恋”と呼ばれている。

 第4話は、美月が連載中の漫画『ハリネズミ探偵・ハリー』の実写映画撮影に向けた打合せに参加することになり、柊も同行。そこには殺し屋“デス・プリンス”であり、主演する俳優でもある八乙女流星(鈴木伸之/28)が立ち会うことになっており、柊は彼がまた何か企んでいるのではないかと気が気ではない。

 また、柊の相談相手で生活安全課の刑事・詩織(水野美紀/47)が、美月の仕事場を訪れる。詩織が柊の父の知り合いだと名乗り、母の京子(榊原郁恵/62)について尋ねたため、警戒する美月。美月と詩織の間に緊張感が高まって……という展開。

■ストーリーが一気に複雑化

 初回から、美月の正体は柊の幼なじみの少女・葉山葵であることが匂わされていたが、前回のラストで柊は、幼い頃、葵が「お守りに」と描いてくれたものと同じイラストを発見。柊は美月が葵であることを確信する。

 そして今回、柊が問い詰めても、美月は葵であることを否定。そんな中、美月は打ち合わせの現場で、流星に毒を塗られた針を刺されて意識不明なるが、柊の活躍で一命をとりとめる。意識を取り戻した美月に柊が「君は誰なんだ?」と問い詰めると、美月は「私は、葉山葵」と告白した。

 さらに美月は、自分は別人の鳴宮美月に頼まれて、彼女のフリをしていたことを明かし、柊は混乱。丈一郎を殺したのは葵ではなく、本物の鳴宮美月である可能性が出てくる急展開で、ストーリーも混乱してきた。

 また、詩織が京子の入院先を訪ね、幼いころの葵が漫画家を目指していたと語りかける。すると京子は、葵はまだデビューしていないと明かし、葵は「ハリネズミ探偵・ハリー」の作家でない可能性まで出てきた。

■方向転換はまだ間に合う?

 ドラマは折り返し点を迎え、次回から“秘密編”が始まるが、8月1日は東京五輪の中継のため休みとなる。前半の設定が大きく崩れ、ストーリーが混迷したせいで、放送延期のブランクの間、さらなる視聴者離れが起きてしまうかもしれず、話数をうやむやにして実質の打ち切りとなる可能性まで見えてくる。

 そこで、打開策として提案したいのは、迷走を逆手に取って、後半は柊が葵を守るヒーローとなってツッコミどころ満載の展開にしつつ、敵味方が分かりやすい展開に改変するということ。シンプルな枠があれば、役者は芸達者ぞろいなので、うまく盛り上がると思うのだが。本来なら2話の最後あたりでできれば理想だったのだが、今からでは難しいだろう……。

 少なくとも今のシリアス路線ではなく、胸キュンシーン満載のミステリーラブコメに転換すれば、視聴率爆死からの逆転復活があるかもしれない。すると、本物の美月と葵に間に入って連絡係をしていたという、美月のチーフアシスタント・千景を演じている、田中みな実(34)の影の悪役としての活躍を期待したくなる。ぜひ水野とのバトルアクションを見てみたいが、欲張りすぎだろうか……。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/31 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます