木の節が男性の局部に見えるテーブル、返品されるも人気沸騰(英)

拡大画像を見る

サミュエル・モーズリーさん(Samuel Moseley)とリース・シャッケル=ヨークさん(Rhys Shackell-York)は、英ウェスト・ミッドランズ州オールドベリーにあるオーダーメイドのダイニングテーブル専門店「グレイン&フレイム(Grain and Frame)」を経営している。

ある日のこと、2人は注文されたパイン材のダイニングテーブルを顧客の家で組み立てていて、テーブルの表面にユニークな形の節があることに気付いた。

長さが8センチ弱の茶色の節はテーブルの端に位置しており、形が男性の局部にそっくりで、顧客は「ディナーの席でゲストが局部の柄を目にするというのはいかがなものか。これは故意に彫り刻んだのではないか?」と言って商品の引き取りを拒否した。こうして約95000円(624ポンド)の価値があるテーブルは行くあてがなくなってしまった。

そこで2人が考えたのは慈善事業を目的としたくじ引き(ラッフル)で、希望者に1枚約305円(2ポンド)でチケットを販売し、抽選のうえ当選者にこのダイニングテーブルをプレゼントすることにした。

集まったお金は精巣がん、前立腺がん、陰茎がんなどの研究や患者のサポートなどを行う慈善団体「オーキッド(Orchid)」に寄付されることになっており、抽選は9月6日に行われる。リースさんの友人が最近、精巣がんと診断されたことがこの団体を選んだ理由だというが、チケットはSNSにラッフル開催を投稿してから48時間以内で3000枚以上、金額にして91万円超が売れたという。

なおこの投稿には「少し余計にお金を払ってでもこのテーブルが欲しい」「アメリカに住んでいるけど、参加は可能か? うちの夫はつい最近、精巣がんと診断されたの」「チケットを買ったわ!」「これはいいアイデアだ」「こんな特別なテーブル、私だったら返品はしないね」「なんとしてでも欲しいわ」「面白い!」といったコメントがあがっており、テーブルは一転、大人気となったのであった。

ちなみに今年3月には、“ライオン柄”のパジャマのセットが見方によっては全く違ったものに見えると話題になった。ライオンの鼻の部分が男性器に見えてしまうのだという。

画像は『GRAIN & FRAME 2021年7月28日付Instagram「Charity Prize Draw」』『Metro 2021年7月28日付「Thousands bid for chance to win rejected table with penis shaped knot」(Picture: Grain and Frame)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/30 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます