せっかくだけど......【苦手な男性】に好かれた時の対処法は?

拡大画像を見る


好きな人からアプローチされると、こちらも嬉しくなって良い反応を返したくなるのは当然のことです。恋愛の駆け引きを楽しむ余裕すら生まれるかもしれません。しかしながら、好きな男性ばかりに好かれるわけではありません。時には、苦手な男性に好かれてアプローチされてしまうこともあるでしょう。大人として明確な拒否はしづらい場合もあり、困る女性も多いのではないでしょうか。そんな苦手な男性に好かれた時の対処法を紹介していきます。


早めに脈なしアピールをする

苦手な男性だからといって避けてしまっては、相手も単に照れているだけだと勘違いしてしまう恐れがあります。避けるのではなく、明確に脈なしであることをアピールして、早々に諦めてもらうように仕向けましょう。そのまま放置していると、告白されて周りから注目を集めてしまう恐れがあります。「彼氏がいる」や「他の会社に好きな人がいる」など、脈なしアピールをして、告白の機会を持たせないのが重要です。


アプローチをする隙を与えない

脈なしアピールをしても、ポジティブな男性の場合はアプローチして逆転しようとすることもあるでしょう。そういう男性相手には、アプローチする隙を与えないことも重要です。何か話しかけられそうになったら上手に話題をそらし、周りに人が多い場所に移動しましょう。アプローチされなければ脈なしは変わらないので、そうした行動を続けているうちに諦めてくれるかもしれません。


LINEは塩対応で

苦手な男性であっても、LINEが来たら愛想よく返してしまう女性も少なくはありません。しかし、そうした対応をすると男性も諦めきれなくなってしまうので、LINEでも塩対応を貫きましょう。もちろん、自分が暇で誰でも良いから絡みたい気分の時でも苦手な男性相手には塩対応をするのが大切です。LINEでも直接の会話でも冷たくして、脈なしを徹底的にアピールしていきましょう。


苦手な男性には申し訳なくても早めに断ろう!

いくら苦手な男性でも、冷たく接するのは申し訳ないと感じる人もいるでしょう。しかし、冷たく接して早めに次の恋に行ってもらう方がお互いにとっても良い結果が待っています。心を鬼にして、絶対に脈なしな相手には冷たく対応しましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/30 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます