ラウール「電車通学」告白に「まだ乗るの!?」の声!山手線で通勤メンバーも…Snow Manは「乗り鉄J」!!

拡大画像を見る

 ジャニーズの人気グループ・Snow Manのラウール(18)が7月29日のラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で意外な告白をし、ファンを中心に大きな反響が寄せられている。

 この日の放送ではリスナーからの「街中でメンバーカラーのものを身に着けている人を見ると“あれ、俺のファンかな?”と思うことはありますか?」というメッセージを紹介。

 ラウールは「ライブだとめっちゃわかりやすい。ふっかさんのファンだったら紫のTシャツとかワンピースとか着てる人も多いし」と、深澤辰哉(29)に話を振る。

 これに深澤は「ライブだと見えるじゃん。外で俺はね……紫の人いてさ、“絶対あれ、俺のファンの子だ”(って)恥ずかしすぎるだろ、そう思ってたら、痛いだろ」と応じ、ラウールも「“俺のファン?”って聞いたら“松本潤くんのファンです”っていうパターンもあるし(笑)」と言い、スタジオの笑いを誘った。

 続いて、深澤が「あんまり街さ、歩かないでしょ? ラウール」と問いかけると、ラウールも「小道とか……あんま人がいるようなところは最近は行ってないから」と述べる。

 さらに「俺、ファンの人に遭遇した経験が……ここ1年はマジでほとんどない。それこそ朝とかだったら電車乗るからさ、電車ってさすがに話しかけづらいっていうのは絶対あるだろうし」と語ったのだ。

「ラウールは現役の高校3年生ですが、Snow Manが超人気グループとなった今も電車で通学していると告白したんです」(女性誌ライター)

 ラウールの告白にファンからは「ラウちゃん高校電車通学ってこと? 電車乗ってたらめちゃめちゃ目立ちそうだけどな」「ラウールってまだ電車乗る!? あたしがラウール専用ジェット機買うからそれで移動しろ!」「ラウちゃん電車乗るんだね Snow Manのみんなから度々電車乗ったエピソード聞くけどその度にビックリする」といった驚きの声が多数上がっている。

■向井康二、岩本照、深澤辰哉も「乗り鉄」!

「ファンの声にもあるように、Snow Manのメンバーは電車を利用することをたびたび公言して、いわば“乗り鉄ジャニーズ”とも言える存在です。

 グループのデビューは2019年8月に発表されましたが、その翌月の同年9月の舞台公演で、向井康二(27)が“今日は電車すごかったねぇ。今日会場まで山手線で来たんだけど、東京の電車はすごいね!”と語っていたといいますからね」(前出の女性誌ライター)

 7月20日発売の『女性自身』(光文社)のインタビューでは、岩本照(28)が小学1年生のときに出会ったダンスの先生と「デビュー発表の翌週に電車の中で再会して、これは運命だと感じました」とも明かしている。

「2018年9月の舞台『少年たち〜Born Tomorrow~』でも、深澤と岩本がプールに遊びに行った際、帰りの乗り換え駅で深澤が“気持ちが悪い”と倒れてしまい、岩本が周囲の人に“あなたは水を持ってきて”、“あなたは駅員さんを呼んできて”と機転を利かせて声をかけて事なきを得たというエピソードを披露しています。

 デビューが発表される前の出来事ですが、当時からSnow ManはジャニーズJr.の中でも絶大な人気を誇っていました。にもかかわらず、電車でプールに遊びに行き、電車で帰ってくるような生活を送っていたんです。

 Snow Manの中には下積み生活を10年以上も続けてきたメンバーもいますから、大ブレイクした今でも、長年慣れ親しんだ電車を利用するというメンバーも少なくないのかもしれませんね」(前同)

 初心を忘れない――メンバーのその姿勢もSnow Manファンから支持されているのかもしれない。

関連リンク

  • 7/30 12:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます