田中圭“死神さん”は愛妻家、逆さまハートで「もえもえきゅ~ん」

拡大画像を見る

田中圭が主演を務めるHuluオリジナル『死神さん』(全6話/毎週金曜、新エピソード配信)が、9月17日(金)からHuluで独占配信スタート。田中演じる儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)のキャラクター動画が解禁された。

本作は、大倉崇裕の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。田中演じるクセモノ刑事・儀藤が、事件ごとに相棒を変えながら徹底的かつ真摯に冤罪事件を再捜査し、真実を明らかにしていく。

黒い帽子とやけに目立つ鼻のホクロがトレードマークの儀藤は、“死神”という異名を持つ、誰とも群れない嫌われ者の刑事。そんな彼の仕事は、無罪判決が確定し逃げた真犯人と、闇に葬られた事件の真相をあぶり出すこと。すなわち、警察組織の失態も暴くこととなるため、儀藤の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされてしまう。

さらに儀藤は、部署の書かれていない名刺を持ち、ある日突然相棒となる警察官の前に現れることから、警察内でも“都市伝説”と言われ、その実態は謎に包まれている存在だ。

映像では、「逃げ得は許しません」の決め台詞とともに、そんな謎に包まれた儀藤の知られざる素顔が映し出されている。猫背でぼそぼそと話し、大食いで神出鬼没な愛妻家。「帽子は脱がない」などマイルールもある様子で、手でハートを作ったりピースをしたりという、お茶目な一面も。一見すると何を考えているのかわからない、不思議な魅力を持つ儀藤は、田中がこれまで演じたどんな役とも違う、ひとクセもふたクセもある個性的な役柄だということがわかる。そんな“クセ強刑事”の儀藤が、事件ごとに変わる相棒とともに、どのような活躍を見せるのか注目だ。

<あらすじ>
被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤堅忍(田中)。彼の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤に付けられたあだ名は……「死神」!

この破天荒な一匹狼のダークヒーロー=儀藤が、連絡係として様々な手配を請け負う警察官・南川メイ(前田敦子)の協力のもと、毎回異なる“気の合わない相棒”を連れ回しながら、さまざまな冤罪事件の真犯人と真相を解明。証言と証拠を一から、執拗なまでに洗い直し、“事件の裏に隠された真実”と“相棒たちの心”を180度ひっくり返していく。

関連リンク

  • 7/30 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます