トランポリンと柔道最重量級の金メダルに期待!東京オリンピック主なライブ配信(7月30日)

拡大画像を見る

東京2020オリンピックは、大会7日目。陸上競技がスタートする。最初の決勝種目となる男子1万mには、伊藤達彦と相澤晃が出場。アフリカ勢が席巻するこの種目で、東京の蒸し暑さという“地の利”を味方にできるかどうかに注目したい。男子3000m障害予選では、日本記録を持つ19歳の三浦龍司ら、日本人3選手が世界の壁に挑む。

さらに女子5000m予選には、廣中璃梨佳、萩谷楓、田中希実の3人が登場。新種目の混合4x400mリレー予選では、各国がどのようなレース運びを見せるかが興味深いポイントだ。この他、陸上では男子走高跳予選、そして男子400m障害で世界に挑む日本人選手の姿が見られる。

競泳では、男子200m背泳ぎ決勝でベテランの入江陵介がロンドン以来、2大会ぶりのメダル獲得に挑むほか、男子200m個人メドレー決勝では、萩野公介と瀬戸大也の2枚看板がメダルに挑戦する。

バドミントンは女子シングルスが、いよいよ準々決勝を迎える。ともにメダルが期待される奥原希望と山口茜は、決勝トーナメント1回戦を危なげない試合運びでストレート勝ちしており、勢いそのままにベスト4進出を果たして欲しいところだ。

競技初日から連日金メダルを獲得している柔道は、いよいよ最重量級が行われる。男子100kg超級では、前回大会銀メダルの原沢久喜が出場。リオの決勝で敗れたテディ・リネール(フランス)とのリターンマッチを実現させ、雪辱を果たして、リネールの大会3連覇を阻めるかどうかに注目が集まる。女子78kg超級は、2019年世界選手権王者の素根輝が金メダルを狙う。

柔道同様、日本の金メダルが期待できるのがトランポリンだ。女子トランポリンの森ひかるは、2019年の世界選手権王者であり、ダイナミックな大技を繰り出す森と、ライバルとなる中国勢とのバトルは必見である。

ゴルフは男子個人ストロークプレー第2ラウンドが行われ、開催国優勝を目指すメジャー王者の松山英樹が上位浮上を目指す。第1ラウンドを「69」の2アンダーとし、首位と6打差の20位タイから2日目を出る松山の巻き返しに期待がかかるとともに、イーブンパーとまずまずの滑り出しとなった星野陸也のプレーにも注目したい。

女子サッカーは決勝トーナメントに突入。なでしこジャパンはグループAを3位で通過。準々決勝では、グループGで優勝候補のアメリカを破って首位通過したスウェーデンと対戦する。

民放テレビ局のオリンピック公式動画配信サイト「gorin.jp」および、民放公式テレビポータル「TVer」では、大会の模様をライブ&ハイライトで配信する。主なライブスケジュールはこちら。

■7月30日(金)主なライブ配信
陸上 女子100m/800m 予選ほか 9:00 - 12:30
競泳 女子200m平泳ぎ/男子200m背泳ぎ 決勝ほか 10:30 - 12:10
柔道 女子78kg超級/男子100kg超級 準決勝~決勝 17:59 - 19:40
フェンシング 男子エペ団体 3位決定戦/決勝 18:30 - 20:40

関連リンク

  • 7/30 10:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます