片瀬那奈の恋人“コカイン逮捕”で完全に芸能界から消える!? 沢尻会メンバーは…

拡大画像を見る

 2019年11月に大物女優沢尻エリカが合成麻薬MDMAやLSDを所持していた麻薬取締法違反で逮捕された際、親友として疑惑の目が向けられた女優の片瀬那奈。

 当然、片瀬那奈は疑惑を否定したものの、自身がMCを務める情報番組でも沢尻エリカを思いやるコメントを出し、その背景を知る一部メディア関係者は呆れていた。

 今回週刊文春のスクープによって、片瀬那奈の交際相手で事実婚状態であった恋人の元IT企業代表である岡田英明容疑者が警視庁組対五課にコカインを所持していた疑いで都内のホテルで逮捕され、岡田英明容疑者と片瀬那奈が同棲生活に使っている自宅などを家宅捜査し、同時に同棲相手である片瀬那奈に対して、尿検査や事情聴取などを行ったことが明らかにされた。

 片瀬那奈の所属事務所は当初、全くの無関係を主張していたが、後日家宅捜査の事実や尿検査を認め謝罪し、コカインなどは発見されずに尿検査も陰性であったことを強調した。

 片瀬那奈に一体何が起こっているのであろうか。彼女の周辺を追い続けている記者が説明する。

「沢尻エリカが中心となって六本木や渋谷などのクラブや屋外フェスなどで遊び回っていた通称沢尻会。このなかの主要メンバーのひとりが片瀬那奈です。ヤンチャな沢尻エリカの面倒を見る形で沢尻エリカとの遊び仲間に加わっていました」(大手スポーツ紙記者)

 逮捕・起訴された沢尻エリカは芸能活動を休止し、薬物依存の治療に専念しているが、沢尻会の主催者である本人がいなくなっても遊び仲間のグループは、今回事情聴取された片瀬那奈を筆頭に、前よりは落ち着いていたものの、それでも遊んでいたといわれている。

 沢尻会に参加していた東京ガールズコレクションに参加していたモデルや有名歌手、二世タレント、元アイドルのバラエティタレントなどは制作側が怖がっていまだに表舞台に一部を除いては出ていない。尿検査で陰性で潔白が証明されていても、周辺者が麻薬を使用していたとなると、どうしても一般人が引いてしまい、テレビ的にはアウトなのである。

 家に自由に出入りしていた友人がコカイン使用の麻薬取締法違反で逮捕され、自身も尿検査や事情聴取を受けて陰性だった“ゆきぽよ”も写真集などは出しているが、本人がテレビなどの出演が目に見えるように減ったために思ったような部数には届いていないという。

 今回の片瀬那奈も同じケースを辿るのであろうか。恋人である同棲相手がコカインを使用していたら何らかの異変に気付いていてもおかしくない。ちなみに、コカインは体内から抜けるのも早いといわれ、今後も疑惑の目は向けられる可能性がある。

 どちらにしても、片瀬那奈は暫くは露出を控えざる得なくなるであろう。

  • 7/29 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます