わざとじゃないの!【既読無視】をしてしまったらどう挽回する?

拡大画像を見る


気になる人とLINEをしている時は、できるだけ多くコミュニケーションを取ろうと必死になる人は多いでしょう。しかしながら、寝落ちや返信中に呼ばれて忙しくなったなどの理由で、既読無視してしまうこともあります。そんな風に意図せず既読無視してしまった場合、相手に不快感を与えてしまっているかもしれません。そんな場合、どのように挽回していくのが既読無視からの逆転方法をチェックしてみましょう。


謝って丁寧な返信をする

まずは、既読無視になったことを謝ることが大切です。特にデートの日程決めなど、大切な内容だった場合は、既読無視したことで相手からの好意もマイナスになっている可能性があります。どうして既読無視になってしまったのか理由を説明して、謝りましょう。既読無視してしまった場合でも、内容によっては相手も許してくれるかもしれません。


自分から積極的にLINEをする

一度既読無視をすると、相手は「自分のことはどうでも良いのかな」と不安になっている恐れがあります。その不安から、他の人に目を向けてしまう恐れもあるでしょう。それを防ぎたいのであれば、今までよりも積極的に自分からLINEするようにしましょう。「意図せず既読無視をしてしまったけど、本心ではもっとコミュニケーションを取りたい」ということをアピールすることで、相手の心変わりを防ぐことができます。


会う機会があればデートに誘う

疑い深い人の場合「謝ってても、文字だけの連絡なんてどうとでもできるし」と思いがちです。そういう性格の人をフォローするためには、LINEだけではなく行動で示すことが大切です。自分からデートに誘い、相手と会いたい気持ちがあることをアピールしましょう。そうすることで、既読無視してしまったのも本当に偶然だったことを分かってもらえる可能性が高まります。いつもは誘われるのを待っているだけの人も、既読無視の後は積極的にアプローチをすることが大切ですよ。


既読無視をしてしまったら相手に優しくして挽回しよう!

たとえわざとではなくても、既読無視をすると相手は傷ついている恐れがあります。直前のやり取りの内容によっては、自分が悪いことをしたと勘違いしていることもあるでしょう。そんな相手のことを考えて、既読無視の後は今までよりも意識的に相手に対して優しく接するのがおすすめです。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/30 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます