篠原涼子、江口洋介&年下俳優と「密会三昧」、4年別居説も…高岡早紀“引退”で新「魔性の女王」に!

拡大画像を見る

 女優の篠原涼子(47)と俳優の市村正親(72)が7月24日、電撃離婚を発表。関係各所に大きな衝撃が走った。

 篠原は所属事務所を通じて「今の私があるのも市村さんの大きな力のお陰だと思い感謝しております」と、市村も「涼子との出会いは私の人生最大の喜びです。そして可愛い子どもたちと出会わせてくれたことを心から感謝しています」とお互いへの感謝を述べ、慰謝料も財産分与もないとした。

 2人は2001年に舞台『ハムレット』で共演したことをきっかけに交際に発展。2005年12月に結婚し、2008年と2012年に男児が生まれている。

 25歳差の2人の結婚だけに、結婚した当時も驚きをもって迎えられたが、今回の離婚でも、息子2人の親権を72歳の市村が持つことが明らかになり、こちらにも驚きの声が上がっている。

 親権について、市村はコメントで「人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました」と説明。篠原も「親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子供たちとも話をしまして決定致しました」とした。

 この発表にネットには「なんでパパ、しかも高齢のパパが親権持つの?」「市村さんも高齢だから先々のことを考えないと間に挟まれた子どもが1番かわいそう」「息子さん2人、まだまだお母さんの愛情が欲しい年齢だよね。仕事が大好きなのも、息抜きで夜、出かけたい気持ちもわかるけど……」といった声が上がっている。

 中には「親権が旦那さんと言うことである程度わかります」「親権が市村と聞いた時点で篠原に原因があることは誰にでも察しはついた」「市村さんが親権を持つということは、篠原さんに他にお相手がいるようにも見える」と、篠原についての疑問の声も上がっている。

「昨年8月の『女性自身』(光文社)が2人の別居を報じましたが、コロナ禍の感染リスク回避のためと説明していました。しかし、7月29日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、2017年頃に篠原が自宅とは別のマンションを借りていたという話があったと伝えています。つまり、別居生活は4年に及んでいた可能性も出てきたわけです。

 さらに、そのマンションにはさまざまな男性が出入りしている、という情報が流れ、彼女の不倫情報を追いかけるために週刊誌が動いたこともあったと報じています。市村と婚姻関係にあった当時から、篠原の男性関係に注目が集まっていたんです」(女性誌記者)

■江口洋介との密着デート&別宅に男連れ込み疑惑

 2016年には前年放送のドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)で共演した江口洋介(53)との焼肉店から個室のある店に移動し、深夜まで密着して盛り上がる様子が報じられた。

 また、2018年にも年下のイケメン男性2人と食事に行く姿、市村が不在の間に深夜まで飲み歩く姿もキャッチされている。

 7月29日発売の『女性セブン』(小学館)でも篠原と市村の離婚を取り上げており、夫婦間の上下関係は新婚当初から圧倒的に篠原が上だったという関係者の証言を掲載。また、出産後は仕事をセーブしていた篠原だが、長男の受験がひと段落した時期に本格的に仕事に復帰。その頃から深夜まで飲み歩くようになったという。

 市村が夜遊びを注意したこともあったというが、いつも篠原は「仕事先のスタッフとのつき合いで断れなかった」と言い訳。あるときには篠原が「もう別れたい」「離婚する」と激高したこともあったというが、それ以降、市村は離婚を避けるために、ある程度の自由を容認するようになったと記事では伝えている。

 そのうちに市村は「浮気をしてもいいから世間には隠してほしい」と、離婚を避けるために篠原に懇願したこともあったというから驚きだ。

「コロナの感染リスク回避のためだった、という別居生活中には、朝ドラ出演で人気を得た年下の俳優や、メディア関係者などが篠原の“別宅”を出入りしていたと『女性セブン』では伝えています。篠原は女優として仕事をバリバリこなし、恋愛にも積極的でありたい、というマインドなのかもしれません。

 その気持ちが抑えられなくなり、妻や母としてではなく、女優、女であることを選び、離婚に至った可能性もありそうです。かつて“魔性の女”といえば高岡早紀(48)というイメージでしたが、今回の離婚で篠原がその地位につくのではないでしょうか。ここ最近の高岡は、落ち着いてきている印象ですからね」(前出の女性誌記者)

■高岡早紀は“魔性の女”をキャラ化しすっかり“家庭イメージ”に

 高岡は23歳で保阪尚希(53)と結婚して子ども2人をもうけたものの、2004年の『FRIDAY』(講談社)に布袋寅泰(59)との不倫デートが報じられて離婚。その後は中村獅童(48)、市川海老蔵(43)、堤真一(57)、松坂桃李(32)など、幅広い年齢層の芸能人と浮名を流した。

 そんな高岡は今、すでに長男が独立し、実母、次男、そして2010年に、青年実業家の男性との間で誕生した長女と3匹の犬たちと暮らしているという。そして今年5月には、初エッセイ集『魔性ですか?』(KADOKAWA)を上梓。

「高岡さんは5月に行われたエッセイの出版イベントで、“普段、魔性と呼ばれている私に対し面白いオファー”と、エッセイの執筆依頼を受けたと話していました。同イベントでは、“(女優として)まだまだ、やりつくしたとは思っていません。おばあさんの役もやっていない。そのうち、リアルおばあさんになるので、おばあさんの役もやれると思う”とも語っていましたね。

 高岡さんの中でも“魔性の女”はすでにキャラ化して、それを活かして女優業に邁進しているイメージですよね。彼女のインスタグラムにアップされるのも娘や飼い犬の写真が多く、魔性の女というよりは“ママ女優”という印象すら持ってしまいます。

 現在放送中の『おかえりモネ』でNHK連続テレビ小説にも初出演。自分は朝ドラに出るタイプではないとも考えていたそうですが、すっかり以前のイメージは払拭されたと言ってもよさそうです。

 高岡さんが魔性の女を“引退”し、それと入れ替わるように篠原さんが離婚。そして、結婚中の盛んな夜遊び、男性関係が取り沙汰され、親権も市村さんに……という状態ですから、今や篠原さんが新たに“最強の魔性の女”に成り上がったと言ってもいいのかもしれませんね」(芸能レポーター)

 新生・魔性の女として、篠原がかつての高岡のように大胆な写真集、妖艶な演技を魅せてくれる日も近いのだろうか――。

関連リンク

  • 7/30 7:12
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます