総資産額は500億!? 明石家さんま「もうない」に騒然!娘・IMALUは「いらねえし!」

拡大画像を見る

 7月25日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で、明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(48)が終活について語り合った。7月4日の放送回でも老後について話し、さんまは芸人だけの老人ホームを作る構想を明かし、2人とも死んだら遺産は全額国に寄付すると宣言。さんまは「金残したところでロクなことにならへんからやな、娘とか息子に」と、その理由を語っていた。

 今回のテーマが「終活」だったため、スタッフが4日放送回でさんまが発言した「全財産寄付」発言がスポーツ紙でニュースになっていたことに触れると、さんまは「IMALUに迷惑かかったんや」と娘であるIMALU(31)の名前を挙げ、「次の日、IMALUのところにが全員行きよったんや。記者が」「“財産残さないって言ってますけどどうですか”って。ほんでIMALUもキレてしもて“いらねえし!”って言うてん」と渋い顔をした。

 マツコが「この番組のせいじゃないのよ」と言うと、さんまは「違うねん。IMALUの彼のことをちょっとラジオで言ってしもて、それも怒っとんねん」と、もともとの怒らせていたところに、火に油を注いだ形になってしまったとションボリしていた。

 番組では、「もし明日明石家さんまが死んだら自分も周りも超大変!」というテーマで、終活ケアプランナーの資格を取ったという財前直見(55)が、さんまとマツコに「死ぬ前にやったほうがいい」ことをレクチャーした。

 最初に財前は、莫大な遺産についてあらためて、「財産全額寄付」するのかとさんまに確認。さんまは「はい」と答え、お金を残すとロクなことがないと再びコメントした。さんまは「働く面白さとか、“明日どうしよう”っていうのが絶対楽しいんで」「親からもらったもので優雅に過ごすと、人として面白くないんじゃないかって思うんですね。俺はそうだったんで」と続けた。

■「3桁の億なんて夢物語」

 すると財前が、さんまに「500億」「あるんですか?」とネットでの情報を確認。さんまが「ファッ!」と吹き出すと、マツコも「500億あるの?」とニヤニヤ。さんまは「欲しいわ!」「もう、ないないない」と笑いながら否定すると、マツコは「“もう”って言ったね、今」とすかさず反応。

 さんまは「あの、かなりない。そんな3桁の億なんて夢物語で」「お笑い芸人でなんぼ稼いでも、絶対いかない」と力説したが、財前は「たとえば500億あるとして」と仮定し、6億円以上の財産があると相続税が55%かかると指摘。

「そうなると500億が、275億」と相続税の額を示し、これは相続する子どもが原則10か月以内に「現金」で納めなければならないと解説した。

 これにマツコは「一括!?」「なかなか10か月で用意するの大変よ!」と驚き、さんまも「家、マンションなんかでも売りさばかなきゃいけないんだ?」とうなずいた。そんな2人に、財前は「いちばん揉めないのは、遺言書」と、ちゃんとした遺言書を用意することをアドバイスしていた。

 さんまは2016年にも『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で遺産について言及。IMALUの他に、元妻である大竹しのぶ(64)と前夫との間に生まれた息子の二千翔(にちか)がいるが、番組では2人の子どもたちに、最低限の財産は残すとコメントしていた。

 さんまの財産については、これまでにも30億、40億ともいわれていたが、今回飛び出した500億という数字に、視聴者からは「500億って夢ありすぎるだろ」「もうないっていうけどホントのところはどうなんだ」「相続税って無茶苦茶」「ほんとさんまさんってすごい。マツコさんも全額どこかに寄付するとなかなかできない」など、驚きのコメントが続いた。本当のところ、いったいいくらあるのか気になる!

関連リンク

  • 7/30 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます