河合郁人『ゴゴスマ』代理MCが大好評! 帯番組のメインMC計画が動き出すか

 現在、バラエティー番組でもっとも活躍するジャニーズタレントの1人であるA.B.C.-Zの河合郁人。マニアックな“ジャニーズものまね”でネタ番組に出演するほどに、活動の場を広げているが、今度はワイドショーのMCに挑戦することとなった。

 CBC・TBS系午後のワイドショー『ゴゴスマ』では7月26日から1週間、メインMCの石井亮次アナが夏休みに入った。その間、代理MCを務めるのが河合なのだ。

「初日の26日は少々緊張した面持ちでしたが、とくにハプニングもミスもなく、完璧に司会をこなしていました。主にオリンピックの試合結果に関するニュースが多く、日本選手の活躍にテンションも上がっている様子でした」(テレビ局関係者)

 ワイドショーといえば、政治、社会、そして芸能スキャンダルなど、さまざまなニュースを扱うこととなる。しかし、河合が代理MCを務めるこの1週間は、オリンピック関連のニュースばかりである。

「ジャニーズタレントは、基本的に政治的な立場を明らかにしないというのが基本。でもワイドショーのMCをするとなると、多少なりとも政治的な発言を強いられることがあるわけです。これまでワイドショーのコメンテーターはこなしている河合ですが、そこまで明確な意見を発信してきたわけではなく、ワイドショーのMCをすることに対するジャニーズ内部での不安もあったはずです。

 でも、五輪期間中であれば、デリケートな話題に触れる機会も少ないし、MCをするには好都合というわけ。ジャニーズ事務所も、この期間であればいい仕事ができるだろうと踏んで、この仕事を受けたのでしょう。まさにその通りの結果になっています」(同)

 ジャニーズタレントでは、かつてTOKIOの国分太一がTBS系『いっぷく!』『ビビット』において、帯のワイドショーのMCを務めたことがある。

「ジャニーズ事務所としては、帯番組のMCを担当するタレントもほしいところでしょう。関ジャニ∞の村上信五がフジテレビのワイドショーのMCに就任するという計画もあったようですが、結局実現しませんでした。そういったことを考えると、おそらく今もっとも帯番組MCに近いジャニーズタレントは、河合郁人になるはず。今回の『ゴゴスマ』でのMCはその試金石とも言えますね」(同)

 将来、河合郁人は“朝の顔”や“昼の顔”となることも、十分にありそうだ。

 

  • 7/29 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます