悪気がなくてもNG!合コンで女子を傷つける無神経な一言9パターン

合コンは女性と知り合う絶好のチャンス。何気ない言葉で相手を傷つけて、嫌われてしまっては元も子もありません。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「悪気がなくてもNG!合コンで女子を傷つける無神経な一言」をご紹介します。

【1】褒めてるつもりでも失礼!「美人過ぎないところが親しみやすくていいよね」
「もう苦笑いするしかありませんでした」(20代女性)というように、微妙な褒め言葉は、逆にけなしていると捉えられる危険もはらんでいるようです。「笑顔がチャーミング」などとポジティブな言葉で表現するように心がけたいものです。

【2】非モテだろ、と決めつけているに等しい「彼氏いない歴、当ててあげようか?」
「クイズ形式にされると余計に腹が立ちます!」(20代女性)など、男性に縁がないと断定するような言い方は、気分を害しても仕方がないかもしれません。彼氏がいるかどうかが気になるなら、ストレートに尋ねたほうが礼儀に適っているのではないでしょうか。

【3】年相応にアラサーなルックスなのに「若く見えるね。18歳くらい?」
「あり得ない歳を言われると、バカにされている気分になる」(20代女性)というように、見かけからかけ離れた年齢は、いくらお世辞を言うつもりでも、かえって無礼に当たりそうです。できれば、年齢には触れずにいたほうが無難でしょう。

【4】ほとんどセクハラ同然の「痴漢されたことないでしょ?」
「何を根拠にそんなことを言ってくるのか、本当に謎です」(10代女性)など、女性としての魅力に乏しいと断じる発言は、女性を深く傷つけてしまうようです。そもそも合コンの場に、痴漢の話題はふさわしくないと心得ましょう。

【5】そのたとえは全然うれしくない「芸人の○○にソックリ」
「しかも顔が大きいことで有名な男性の芸人さんなんです!(怒)」(10代女性)というように、「似ている芸能人」を持ち出して、無理に会話を膨らますのは逆効果かもしれません。どうしても言いたいのであれば、女優やアイドルなど、気分の良い相手にたとえましょう。

【6】コンプレックスに触れてほしくない「立派な肩幅だね」
「『水泳とかやってた?』って…。ただガッチリ体型なだけなのに」(20代女性)など、肉体的な特徴にことさら言及するのも、デリカシーのないふるまいだと思われてしまいそうです。褒め言葉のつもりだとしても、本人が気にしている可能性もあるので、極力、触れずにおくのが安全でしょう。

【7】縁遠そうだとでも言いたいの?「今から婚活がんばらないと大変だよ」
「しかも最初から他人事なのが余計にムカつきます」(20代女性)というように、上から目線で発破をかけるのは、余計なお世話かもしれません。結婚願望の強い女性は、「かわいいから、きっといい人が現れるよ」といった当たり障りのない言葉で励ましましょう。

【8】おまえに興味なし…を隠さない「端に座ってる子、紹介して」
「あからさまに『対象外』と宣告されたら、帰りたくなります」(10代女性)など、別の女性への関心を強調するのも、相手を不快にさせるようです。気になる人が離れた席に座っているなら、ほかの女子の手など借りずに、正々堂々と自分からアプローチを決めたいものです。

【9】軽い女と踏んでいることが明白な「今日、泊まれる?」
「『そんな女じゃない!』と席を立ちました」(20代女性)というように、初対面の女性への下心を隠さないのは、それだけ相手を軽んじていると受け取られかねません。本当に気に入った相手なら、手順を踏んでじっくりと口説くほうが、成功の確率が高まりそうです。

会話を楽しみながら、相性を見極めて、次の展開に持ち込めるのが合コンの醍醐味。不用意な言葉で台無しにしないように、慎重な態度で有意義なイベントにしましょう。(倉田さとみ) 【調査概要】 期間:2015年4月10日から17日まで 対象:合計96名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/29 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます