【今観たい】「生きる」ということを学べる空前の大ヒット映画『もののけ姫』あらすじ/キャスト/見どころ

拡大画像を見る

「生きろ。そなたは美しい」の名ゼリフでお馴染み、空前の超ヒット映画『もののけ姫』。ジブリ作品の中でも非常に高い人気を誇る本作の背景には様々なテーマが組み込まれています。今だからこそ観たい、実はまだ観てない!という方の為にネタバレなしで『もののけ姫』のあらすじやキャスト、見どころをご紹介します!

社会現象を巻き起こした空前のメガヒット映画!『もののけ姫』

映画『もののけ姫』
公開日:1997年
監督:宮崎駿
製作:スタジオジブリ
ジャンル:冒険、アクション
声の出演:松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、美輪明宏、森繁久彌、西村雅彦、上条恒彦、島本須美、渡辺哲、森光子、佐藤充ほか

もののけ姫

もののけ姫

1997年/日本/133分

作品情報 / レビューはこちら

『もののけ姫』あらすじ

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke003.jpg

舞台は中世の日本。
エミシの村に住む少年のアシタカは、自身の村に現れた異形の生き物である“タタリ神”を退治したのだが、右腕に死の呪いを受けてしまう。
タタリ神の正体は、何者かによって鉄の礫(つぶて)を撃ち込まれ、その憎しみからタタリ神へと成ってしまったイノシシの神だった。
死にゆく運命を刻まれたアシタカは、呪いのせいで村を追われ、その呪いを解くためにタタリ神がやってきた西の地を目指すことに。
旅の道中、謎の男ジコ坊と出会い、神が住むと言われる深い森のことを教わる。

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke018.jpg

鉄を製造するタタラ場では、そこを治めているエボシ御前という女に出会う。
エボシは石火矢という火砲を村人に作らせ、山に潜むもののけや、村の鉄を狙う地侍達から村人を守っているとのことだった。
実は、イノシシの神に鉄の礫を撃ち込んだのもエボシなのだそうだ。
鉄を製造するために山や川といった自然を破壊しているという自覚はあったものの、もののけの存在を許すことは出来ないという考えだった。
そんなエボシの命を狙っているのが、“もののけ姫”と呼ばれる300歳となる山犬に育てられた人間の娘であるサンだった。

アシタカは道中でサンに出会い、窮地に陥っていたサンを救うのだがアシタカは瀕死の重傷を負ってしまう。
アシタカはサンに「生きろ」と語り掛けるのだが、サンは人間を憎んでおり、まるで聞く耳を持たなかった。
やがて、アシタカは人間と森の生物たちとの激しい戦いに巻き込まれることになってしまう。

興行収入193億円を記録したスタジオジブリの超傑作

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke014.jpg

1997年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション映画『もののけ姫』。
誰しも一度は耳にしたことがあるであろう本作は、監督・脚本・原作を務めた宮崎駿が構想に16年、製作に3年の年月をかけた超大作映画だ。
興行収入は193億円を記録し、日本映画の興行記録を塗り替えた超メガヒット作品として日本だけではなく、海外からも絶大なる人気を博した超ヒット作として現在も根強く愛されている作品となっている。

『生きる』とは?『自然と人間』とは?様々なことを考えさせられる作品

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke046.jpg

『もののけ姫』という物語には複雑な背景が隠されており、「自然と人間」というテーマ以外にも「人間と人間」の関係性を繊細に描き、対立するもの同士の間に流れる一筋縄ではいかない問題を魅力的に描いている。
生きるとは何か、人類がやってきたことは本当に正しいのか?そんなテーマを深く掘り下げた本作は、一度だけでなく何度も繰り返し観ることによっていくつもの新たな発見がある名作映画だ。
今の時代だからこそ、「生きる」ことや「自然と人間」について改めて考えさせられる珠玉の一作となっているのではないだろうか。

豪華声優/俳優陣がズラリ。いつ見ても色褪せぬ演技力に酔いしれる

迫力ある映像や奥深いストーリーをさらに彩る『もののけ姫』の魅力と言えば、やはりキャラクターに“命”とも呼べる声を吹き込んだ俳優/声優陣。
ここでは、『もののけ姫』に登場する主な登場人物とキャストについてご紹介しよう。

主人公アシタカ(演:松田洋治)

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke030.jpg

エミシ一族の長になるはずだった青年。
村を襲ったタタリ神との戦いにより、右腕に呪いを受けてしまう。
相棒のヤックルと共に村を出て、のちにサンと出逢う。
アシタカを演じたのは、声優の松田洋治(『タイタニック』、『風の谷のナウシカ』)。

ヒロイン サン(もののけ姫)(演:石田ゆり子)

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke007.jpg

犬神に育てられた15歳の少女。
自然を破壊する人間を強く恨んでおり、タタラ場やエボシを襲撃している。
アシタカと出会い、心が揺れ動くことに。
サンを演じたのは、女優の石田ゆり子。

エボシ御前(演:田中裕子)

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke042.jpg

タタラ場を統率している女性。知力、戦闘力共に長けている冷静沈着な女性。
石火矢と呼ばれる火砲を村人に作らせ、もののけや村の鉄を狙う地侍達から村を守っている。
エボシ御前と演じたのは、女優の田中裕子。

ジコ坊(演:小林薫)

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke028.jpg

アシタカが旅の道中で出会った小柄な中年の男性。
「師匠連」の一員であり、任務として不老不死の効果があると噂されているシシ神の首を狙っている。
金品の知識も豊富。
ジコ坊を演じたのは俳優の小林薫。

モロの君(演:美輪明宏)

© 1997 Studio Ghibli・ND

https://www.ghibli.jp/gallery/mononoke029.jpg

人間に捨てられたサンを育てたメスで300歳となる犬神。
サンを愛しており、人の言葉も理解している高度な知能と威厳、そして戦闘力を持っている。
サンと同じく人間を嫌っているが、実は温和で戦いを好まない母性本能が強い性格。
モロの君を演じたのは俳優の美輪明宏。

関連リンク

  • 7/28 11:55
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます