瀬戸大也妻・馬淵優佳、「夫の金メダル期待」TV出演も“大誤算”!? ラストチャンスは…?

拡大画像を見る

 競泳の瀬戸大也選手(27)の妻で元飛び込み日本代表の馬淵優佳(26)が、7月28日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した。

 夫の瀬戸選手がちょうど7月23日から始まっている東京五輪に出場しているとあって、MCのフットボールアワーの後藤輝基(47)から「今まさに、ご主人が東京五輪に出場。心境はどうですか?」との質問を馬淵は受けた。

「質問に馬淵は、“リラックスした方が旦那さんにもいいと思うので、自分の緊張をうつしてはいけないので、なるべく家ではたわいのない話をしています”と回答。ただ後藤から“でもやっぱり、金とってほしいでしょ?”と聞かれると、馬淵は“そうですね。頑張ってほしいですね”としつつ“知らんけど”と答えるなど、控えめながらにエールに送っている感じでしたね」(女性誌記者)

 馬淵は、「知らんけど」と言いつつ、「でもネイルを金にしたりして、ちょっと圧かけてます」とも話していたが、

「瀬戸選手は、2020年9月発売の『週刊新潮』(新潮社)に一般女性との不倫スキャンダルを報じられ、ANAと結んでいた所属契約を解除されるという騒動がありました。ただ、馬淵も夫の金メダル獲得を心から期待しているようでしたし、もう不倫騒動は乗り越えたということなのもかもしれないですね」(前同)

■期待とは裏腹に、ここまでの東京五輪は散々……

「頑張ってほしい」との妻からのエールを受けた瀬戸選手。しかし、7月24日、400メートル個人メドレーでは予選敗退。7月27日に行われた、200メートルバタフライ準決勝も1分55秒50の全体11位で決勝進出を逃した。

「瀬戸選手は400メートル個人メドレーのラストの自由形で力を抜いて予選を通過できなかったことや、7月26日の200メートルバタフライ予選後のインタビューで“ネットですごいいろんなこと言われてめっちゃムカつきますけど、戦っているのは自分。気にもしつつあまり気にしないところもあるので、そういうのも自分のパワーに変えたい”と、“ムカつく”という言葉を使ってコメントし、ネットで炎上するということもありました。

 ここまで、瀬戸選手にとっては散々と言えそうな東京五輪です。しかし、“頑張ってほしい”と全国放送の番組で語った妻の馬淵も、また7月28日という五輪のど真ん中の放送回に馬淵を番組に呼んだ『今くら』スタッフも、“大誤算”と感じているかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 瀬戸選手は、7月29日12時過ぎから行われる予定の男子200メートル個人メドレー準決勝のレースに挑む。ここを通過すれば、30日の午前が、金メダルをかけた決勝の舞台となる。

「最後に残された男子200メートル個人メドレーでは、ここまでの反省を生かした最高の泳ぎを見せて、ぜひ金メダルを獲得してほしいですよね。

『今くら』では、夫婦ゲンカをすると馬淵がヒートアップし、一方的に不満をぶちまけ、瀬戸選手はその間、ひたすら黙っていると明かしていました。最後のチャンスとなる男子200メートル個人メドレーで、金は難しいとしても何もメダルを獲得できないとなると、もしかすると、不満げな馬淵の前で、瀬戸選手はずっと無口になってしまう、ということもありえるかもですね……」(前同)

 世間からの逆風、そして妻の軽い圧も吹き飛ばして、瀬戸選手には最高の泳ぎを見せてほしい!

関連リンク

  • 7/29 11:44
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます