救急搬送されたボブ・オデンカーク、代理人が「容体は安定している」と報告

拡大画像を見る

「ベター・コール・ソウル」のセットで撮影中に倒れ、救急搬送されたボブ・オデンカークについて、ボブの代理人が「容体は安定している」と報告し、倒れてしまった原因は「心臓に関連している」と明かした。

「The Hollywood Reporter」に掲載された声明文には、「彼と彼の家族は、治療に当たっている素晴らしい医師と看護師たち、そばにいてくれる(ドラマの)スタッフやプロデューサーに感謝を表明しています。オデンカーク家は、みなさんから届いたあふれんばかりの励ましのメッセージにも感謝を伝えたいとのことです。また、現在回復に取り組んでいるボブのために、プライバシーを求めています」とつづられている。

ボブが「倒れた」と報じられてから、ファンは「彼の無事が確認できるまで眠れない」「心配で仕方ない」「どうか回復しますように」など不安の声を上げていた。また、「ブレイキング・バッド」で共演したブライアン・クランストンやアーロン・ポールら仕事仲間も「彼のことを想ってポジティブな気持ちや祈りを送ってほしい」(ブライアン)、「大好きだよ」(アーロン)とお見舞いメッセージを送っていた。

(Hiromi Kaku)


■関連作品:
ブレイキング・バッド [海外TVドラマ]


関連リンク

  • 7/29 9:08
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます