長瀬智也「神タッグ」に「いずれやれるんじゃないかな」期待!映画製作の夢

拡大画像を見る

 2021年3月末でTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所から退所した長瀬智也(42)。7月29日・8月5日号の『女性セブン』(小学館)では、長瀬が「1980年代のアメリカ映画のような、“自分が考えるかっこいい音楽や衣装”を詰め込んだ映画」を作りたいと周囲に公言し、すでに自らロケハンや撮影の交渉などをしていると報じている。

「長瀬といえば、TOKIO時代は松岡昌宏(44)と並んでグループの“役者枠”としてずっと活躍してきました。とりわけ宮藤官九郎(51)が脚本を務める作品と縁が深く、引退作となった2021年1月クールの『俺の家の話』(TBS系)もクドカン脚本。7月25日放送のラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)では、宮藤があらためて長瀬について語る場面もありましたね」(女性誌記者)

 パーソナリティの爆笑問題・太田光(56)は『俺の家の話』のテーマとなった能とプロレスには近いものがある、と解説したうえで、

「“自分がない”っていうのがひとつのテーマなんですよ。長瀬くんがね。で、その“自分がない”っていうことは“型だ”っていうことなんですよ。つまり、自分をいかになくすかということが、自分をいかに表現するかにつながるのが能なんですよ。そして、実はそれは型の芸能であるということは、プロレスも同じなんですよ」

 としたのだが、これについて宮藤は、

「長瀬くん本人がそういう人なんですよ。実は。自分がないっていうか。みんなのことをすごくサービスして。気持ちよく仕事をするんだけども結局、“じゃあ、長瀬くんは?”っていうと“いや、僕は大丈夫”っていう人なんです」

 と返したのだ。

■「俺はワイルド長瀬だ!」

「長瀬は、生粋の天然ぶりとワイルドさで知られていますが、同時に、芸能界屈指の気配り男ですからね。18年の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、1人で定食屋で食事した際に“日替わり定食と単品の唐揚げ”を注文したら“日替わり定食と唐揚げ定食”が来てしまい、店員に申し訳なくてミスを指摘できず、“俺はワイルド長瀬だ!”と内心で叫びながら、イメージを壊さないよう2人前を完食した、という話をしていました」(前出の女性誌記者)

 そんな長瀬の人間性がにじみ出ていたからこそ、00年の『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)を筆頭に、長瀬は演技で我々を魅了してきたのではないか、という指摘もある。05年4月号の『CUT』(ロッキング・オン)でも長瀬は、

「『人を笑わせてやる』みたいなのはヤなんですよね。自分がすっげえバカなこと一生懸命やって『笑われてる』ほうがいい。そうするとすっげえ自分もワクワクしてくる」

 と、自分を「視聴者より下」に位置づけている謙虚さが伝わってくる。

「長瀬は、96年の『白線流し』(フジテレビ系)のように儚い、少女漫画の主人公のような雰囲気でしたが、宮藤脚本の『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』で、長瀬を“めんどくせー!”とボヤきつつも池袋のトラブルを解決する若者・マコトを演じたことで、ワイルドさ全開なビジュアルと、内面にたまに見せるナイーブさがうまく融合した魅力的な俳優になったと思います」(前同)

 その後も、05年の同局のクドカン脚本作『タイガー&ドラゴン』では落語家に弟子入りするヤクザの山崎虎児を好演。さらに宮藤官九郎がかかわっていない作品でも、06年には『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、09年には『華麗なるスパイ』、13年には『泣くな、はらちゃん』といった、多くの日テレ土曜ドラマ名作を量産し続けてきた。

「特筆すべきは、『マイボス』では“27歳のヤクザだがバカ過ぎて後を継げないため18歳のフリをして高校に通う”、『華麗なるスパイ』は“前科13犯の天才詐欺師がテロ工作を阻止する日本の国家スパイをやる”、『はらちゃん』は“自作漫画のキャラ『はらちゃん』が現実世界に飛び出す”と、どれも設定だけ聞くとまったくリアリティがない役ばかりであること。

 しかし、長瀬が演じるとどれも現実味が出て“実はこんな人いるのかも”と、すんなり受け入れられるんですよね。宮藤の映画『TOO YOUNG TO DIE』で“地獄のロックバンド地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーK”を演じたときもそうでした」(前出の女性誌記者)

■撮影終了後に長瀬は「またやりましょう」と声をかけた

 

 そんな長瀬について、宮藤は『俺の家の話』放送前コメントにて、

「僕にとっては長瀬くん自体が、連載少年マンガの主人公のような存在です。

 まだまだ描ける、いくらでも描ける、描きたいと思わせてくれる。落語好きのヤクザ(タイガー&ドラゴン)、恋愛体質の刑事(うぬぼれ刑事)、地獄の鬼(TOO YOUNG TO DIE)。どんな無理な設定でも、絶対面白くしてくれる」

 と、強い信頼を明らかにしている。

「7月19日放送のラジオ『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)での発言だと、長瀬は最後のクランプアップに立ち会っていた宮藤に対して、今までと変わらないフランクな感じで“またやりましょう”と言って帰ったそうです。

 裏方に転身するといわれている長瀬ですが、インスタグラムを開設してふつうに顔出ししていることから、宮藤は“いずれやるってなったらたぶん、やれるんじゃないかなと思う”と、再会を期待させるコメントをしていました。いつの日か、長瀬が監督で宮藤が脚本を担当する名作が生まれる日が来るのかもしれません」(映画ライター)

 役者やミュージシャンとしてどこまでもスターだった長瀬。次は「監督・長瀬智也」となるのかーー。

関連リンク

  • 7/29 7:29
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます