麒麟・川島『ラヴィット』、2日連続「夢の3%台」に上昇!「五輪嫌い&『笑点』ファン」ガッチリ!?

拡大画像を見る

 東京五輪が開幕し、柔道、卓球、ソフトボール、スケートボード、サーフィンなど、日本人選手の連日のメダルラッシュに多くの人が熱狂している。

 そんな中、ある意外な番組が東京五輪の恩恵を受けているという。

「それが麒麟の川島明(42)がMCを務める情報番組『ラヴィット!』(TBS系)なんです」(制作会社関係者)

『グッとラック!』に代わり、3月29日よりスタートした『ラヴィット』だが、初回の平均世帯視聴率は2.7%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は1.3%という結果に終わった。以降も世帯視聴率1~2%台、個人視聴率は小数点以下の0%台と、苦戦を強いられてきた。

「ただ、ここ最近は視聴率が微増していて世帯で2%台、個人で1%台を記録する日も増えてきました。さらに、ここにきて夢の“視聴率3%台”を超える日も出てきたんです。7月22日には世帯3.2%、翌23日にも3.1%と、2日連続で3%を突破しています。これは、東京五輪が開幕したことが大きいからだともっぱらです。

 というのも、同時間帯の『スッキリ』(日本テレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)、『めざまし8』(フジテレビ系)は五輪関連のニュースが番組の大部分を締めますが、『ラヴィット!』は一貫して、これまでと変わらない内容の番組を続けているんです」(前同)

■一本筋が通ったスタンスが“五輪難民”に大好評!

『ラヴィット!』は“日本一明るい朝番組”をキャッチフレーズに、芸能や政治、事件などの時事ニュースは扱わない、暮らしに役立つ情報番組としてスタート。他局が五輪関連のトピックを取り上げる中、グルメ、ファッション、テーマパークなど、生活情報を中心に放送している。

「この一本筋が通ったスタンスが“五輪難民”に好評なんです。多くの視聴者は日本勢のメダルラッシュに沸いていますが、スポーツに興味のない人も少なくありませんからね。そういった人から『ラヴィット』が支持されているんです」(前出の制作会社関係者)

 ネットには、「自分は見ていないが皆が足並み揃えて同じようにオリンピックを報道している中でこうした番組は貴重だと思う」「他局は連日コロナやオリンピックを伝えてるが、『ラヴィット!』は敢えてやらない。その姿勢が、逆に心地よい」「1つくらいはこんな情報番組必要ですよね。オリンピックに関心がないわけじゃないけど、どのチャンネルもずーっと解説者の話やらインタビューやら選手の生い立ちとかやってるから食傷気味」といった意見が寄せられている。

「7月26日、27日には視聴率が2%台に戻ってしまいましたが、裏で女子スケートボードや卓球シングルスなどが放送されていたため、数字を落としてしまったのかもしれません。

 ただ、『ラヴィット!』は五輪開幕を機に徐々にファンを増やしつつあるようです。生活情報番組ではあるんですが、それと同時に朝から芸人の大喜利をライブで楽しめる番組として、注目を集めています」(放送作家)

『ラヴィット!』には、ビビる大木(46)、アンタッチャブル・柴田英嗣(46)、NON STYLE・石田明(41)、野性爆弾・くっきー!(45)、見取り図、ニューヨークなど、実力派芸人がズラリとレギュラー出演している。

「人気のグルメや家電、便利グッズを紹介するコーナーでは、商品に関するクイズが出題されるのですが、芸人たちがボケまくり、大喜利大会に発展していくのが番組恒例の展開になっています」(前同)

■オードリー春日は『ラヴィット!』を「タフなバラエティ」と評価

 6月17日にゲスト出演したすゑひろがりずの三島達矢(38)は番組について、「にぎやかな大喜利番組と捉えております」と話し、これに川島が「違います、違います。情報番組で頑張ってますから」と訂正するも、「ちなみに今日はいつもより大喜利多いんで頑張ってください」と付け加えた。

 番宣ゲストとしてたびたび『ラヴィット!』に出演しているオードリーの春日俊彰(42)も、5月29日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、番組について「人気ランキングとかやってるからさ、“外れた!”とか“当たった!”とか、楽しくやる番組だと思ってたのよ。それで行ってみたら、なかなか本格的な大喜利番組なのよ(笑)。朝の生の大喜利番組みたいな感じなのよ」「なかなか思ってたよりもタフなバラエティだな」と語っているほどだ。

 7月8日の放送では「焼き肉のタレランキング」を紹介。VTRの途中には「焼肉で網に肉がくっつきにくくなる裏技とは?」とクイズが出題され、アインシュタイン・稲田直樹(36)が「キス」と、見取り図・リリー(37)が「意外だと思うんですけど、油を引く」と、続けてアンタッチャブル・柴田が「1枚肉を引いておく」と次々とボケを連発。

 翌9日の放送では「サバのエスカベッシュをワンランク上の味にするアイテムは何?」という問題に、野性爆弾・くっきー!が「カラコン」と、カミナリの竹内まなぶ(32)が「回答をストライキします」とボケてみせた。

「出演者から次々と繰り出されるボケに1つ1つ的確なツッコミを入れたり、その場をコントロールする麒麟・川島さんの評価も、ここにきてさらに上がっています」(前出の放送作家)

■「コロナも五輪も関係なくハードコア大喜利を貫くラヴィット」

 視聴者が『ラヴィット!』に求めているのも、大喜利のようだ。

「7月27日のオープニングトークで、川島さんが“連日オリンピックで盛り上がっております”、“みなさんも笑いの金メダルを取っていただきたいと思います”とコメントし、田村真子アナウンサー(25)が前日に行われた卓球、柔道、女子スケートボードの活躍などをVTRとともに数分間伝えたんです。

 これに視聴者からは“遂にラヴィットもオリンピックの軍門に降った!?”、“ついにラヴィットでもオリンピックの映像が”といった驚きの声が上がりました。しかし、これもオープニングのエピソードトークのための“前振り”だったんです」(前出の放送作家)

 ネットには「コロナも五輪も関係なくハードコア大喜利を貫くラヴィットのほうがむしろ清々しい」「この番組は本当に面白い。情報番組に見せかけた大喜利番組、それも生放送で毎朝見られる贅沢さよ。そして川島のあのさばき方は凄すぎる」「みんなもっとラヴィット見なよ。朝から腹抱えて笑えるぞ。朝っぱらからあの馬鹿馬鹿しいテンションは素晴らしいと思います」といった声が多数上がっている。

「東京五輪前から、一部のお笑い好きからは注目されていた『ラヴィット!』ですが、五輪期間中に、スポーツには全く興味がない、『笑点』(日本テレビ系)などが好きな年配のお笑い好きも取り込み、五輪閉幕後にはその人たちが視聴者として定着し数字を伸ばしている、ということもあるかもしれませんよ」(前同)

 番組開始から4か月、超低空飛行を続けてきた『ラヴィット!』だが、まさかの東京五輪を追い風に、朝の大喜利番組として盤石の人気を獲得する日も近い!?

関連リンク

  • 7/29 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます