オリンピック大盛況! 嵐・櫻井翔が「日テレからNHK」移籍のウラ

拡大画像を見る

 毎日熱戦が伝えられている東京2020オリンピック・パラリンピック。7月25日には兄妹で金メダルに輝いた、阿部一二三(23)、阿部詩(21)両選手の快挙で大いに盛り上がった。その試合後、詩選手が大ファンだと公言している嵐の櫻井翔(39)がインタビュアーとして詩選手に声をかけたところ、弾けるような笑顔で「一番うれしいかも」とコメントし話題を呼んだ。

※動画は「taishu.jp」で

 そんな櫻井翔や相葉雅紀(38)ら嵐のメンバーによるNHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター就任について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、2021年にオリンピックが延期されたことで囁かれていた「嵐の再結成の噂」について、また出演番組などによる「櫻井翔と日テレ、NHKの関係性」について、さらに緊急事態宣言下でのリポーター仕事の難しさについても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの石岡真衣さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/jPoGCcgwm8s

関連リンク

  • 7/28 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます