元イングランド代表ウェイン・ルーニー、下着姿の女性に囲まれる写真が拡散 恐喝被害で事情聴取受ける

拡大画像を見る

拡散された写真は、マンチェスターにある1泊60ポンド(約9100円)のホテルの部屋で洋服を着たウェイン・ルーニーが椅子に座ったまま眠り込んでいる姿を捉えたものだ。

そのうちの1枚はウェインの隣で女性が下着姿でヒップを突き出しており、「ムーニー・ルーニー(夢心地のルーニー)」との言葉が記されていた。

またウェインの横で別の女性がピースサインをしたり、もう1人の女性が下着姿でベッドに横たわる姿に「スリーピー・ウェイン(眠いウェイン)」と書かれた写真もあった。

さらに後日、ナイトクラブでウェインがブロンドヘアの女性と抱き合うような写真が流出したことでSNSでは大騒ぎになった。

『Daily Mail Online』によると、写真の女性達はSnapchatのモデルのテイラー・ライアンと彼女の友人エリス・メルヴィン、ブルック・モーガンとのことだ。

『The Sun』が取材した情報筋は現地時間24日の夜、ウェインと男友達が高級ナイトクラブ「チャイナホワイト」のVIPブースに女性達を招待したと明かし、当時の様子をこのように説明した。

「彼女達は友人の誕生日を祝っていました。『チャイナホワイト』がお気に入りで常連客なのです。VIPブースに招待された時には、自分達の幸運さが信じられずに唖然としていました。」

「彼らはそこで数時間過ごした後に移動しました。性的な接触はなくただ素晴らしい夜を過ごしたようです。ウェインは彼女達のルックスを褒めていましたが、何も起こりませんでした。」

『Daily Mail Online』はウェインの代理人がグレーターマンチェスター警察に恐喝の被害届を提出し、後日ウェインが警察の事情聴取を受けたと伝えた。ウェインは「おはようウェイン、1万ポンド(約150万円)をお願いします。さもないと妻のコリーンがこれを見る」とのメッセージを受け取っていたという。

警察は同メディアに対し「関係者と話をしたが、その人物は問題をこれ以上追及することを望んでいない」とコメントした。

ウェインを知る人物は「彼は警察官と1時間ほど話し込んでいました。警察がこれほど早く捜査を終了すると決めたのは、突然のことでした。彼がこうなることを望んでいたと考えるのは、全くの間違いです」と釈明している。

ウェインは妻コリーンさんとの間に4人の子供をもうけているが、過去には飲酒によるトラブルを何度も起こしていた。

画像は『Wayne Rooney 2021年6月8日付Instagram「Can’t wait to get that @england shirt back on.」、2021年5月19日付Instagram「Great couple of days」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 7/28 17:32
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます