チョコプラがオリンピック開会式で話題の「ピクトグラムパフォーマンス」をオマージュ! 新種目が次々と爆誕してます

拡大画像を見る

2020年東京オリンピック開会式で注目された「ピクトグラム50個連続パフォーマンス」。

生パフォーマンスは世界中で反響を呼び、YouTube動画の再生回数は880万回超(!)におよびます。

この人気を素早くキャッチ、オマージュ動画を公開したのは、お笑いコンビのチョコレートプラネット。

YouTubeに公開後、わずか1日で急上昇ランク3位にランクインを果たしました……!

【本家はキレキレだったけど…】

2021年7月26日に公開されたチョコプラによるオマージュ動画『ピクトグダグダム』。

その名のとおり、動画は全体的にグダグダで(笑)、最後までクスクス笑いが止まらない内容となっています。

【もはやなんの競技なのかわからない】

メインパフォーマーを務めるのは、長田庄平さん。

本家とおなじく青い全身スーツに身を包み、次々ポーズをとっていくものの、後半に進むにつれてカオス化!

はじめこそ「もしかして、あのスポーツかな?」と推測できたものの、

・ガッツポーズして水の中から顔を出す
・ただピースしただけ
・2つの円×1本の棒で大きな「メガネ」を作る

など、次々と謎の競技が爆誕〜〜〜!

白の全身タイツでサポート役を務める相方・松尾駿さんも含め、途中から笑みを浮かべており、「自分でわろてしもてるやん!」とツッコまずにはいられません。

その後も謎すぎるポーズが続々登場。

極めつけは最後の「3連発」で、グダグダの集大成(?)ともいうべきラストとなっているので、ぜひ最後までご覧になってみてくださいっ。

【息ピッタリで仲良しだな~~~(癒やし)】

こんな感じで終始グダグダモードで展開される『ピクトグダグダム』ですが、不思議とチョコプラの息はピッタリ

たとえ途中で迷いを見せたとしても(もしかして打ち合わせなしの、ぶっつけ本番……!?)、最終的にはビシッとポーズを決めていたのが印象的でした。

おふたりの仲の良さにほっこりしつつ、約4分間ず~~~っと笑えるピクトグダグダムをご覧あれ!

参照元:YouTube
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 7/28 11:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます