横文字乱用注意!?ビジネス横文字の種類と正しい使い方

横文字はIT業界でよく使われることが多いと思います。
しかし、だからといって乱用すると鬱陶しいと思われてしまうことも……
この記事ではビジネス横文字の種類と正しい使い方について紹介します。

コンプライアンス


1つ目はコンプライアンスという言葉です。
コンプライアンスは法令遵守などのことで既定のことを指します。
使われ方としては「それ、コンプライアンス違反」などです。
よく使われる言葉の1つでもあるので覚えておくと良いでしょう。

アイドルタイム


2つ目はアイドルタイムです。
アイドルタイムは暇な時間のことで、使い方としては「アイドルタイムには清掃をしよう!」などといった感じです。
アイドルタイムに何をするといった感じで使われることが多いです。

アサイン


3つ目はアサインです。
アサインとは物事に任命すること、役割を与えることです。
使い方としては「あのプロジェクト、2人アサインしておいて」などといった感じです。
アサインはよく使われるので覚えておきたい用語の一つです。

アナウンス


4つ目はアナウンスです。
アナウンスとは通知のことで「アナウンスして」というふうに使われているのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
「この時間になったらアナウンスします」という具合に使われます。

アポ


5つ目はアポです。
アポはテレビ番組でもよく使われるのでご存知の方も多いと思います。
実際にその場に足を運ぶ予定のことです。
「大丈夫か?アポしてみて!」というふうに言われます。

横文字は便利で使っている方も多いです。
だからといって、ありとあらゆる言葉を横文字で表現すると「素直に日本語で言ってくれ」と思われること間違いなしでしょう。
状況に応じて横文字を使うようにするのがお勧めです。
(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/28 7:00
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます