有村架純、新小結と「熱愛未満報道」に「法的手段」激怒!ウラに8年前の「超異例謝罪」悪夢!?

拡大画像を見る

 女優の有村架純(28)の所属事務所が7月27日、同日発売の『女性自身』(光文社)に掲載された熱愛報道について、抗議文をオフィシャルサイトに掲載した。

 記事は「新小結・明生と『かわいがり愛』」と題し、有村と大相撲の新小結・明生(26)の交流を報道。

 かねてより、明生は有村の大ファンで、周囲にもそれを公言しているという。また、所属する立浪部屋の立浪親方は芸能関係との付き合いも多く、有村の事務所とも懇意にしており、その関係で2人は連絡を取り合う仲に発展した、と同誌では伝えている。

 明生は『女性自身』の直撃取材に対し、有村のファンだとは認めつつも「まだお会いしたことはない」と親密な関係については否定。「電話で話したことはあるのか?」という質問には「いやいやいや」と口ごもったという。また、記事には、有村の所属事務所の「2人は会ったことはありません」というコメントも掲載されている。

「電話について口ごもった部分はありますが、明生は有村と面識はないと、関係について否定しています。また、有村の所属事務所の否定コメントもあって、記事を読むと明生の後援会などの関係者が盛り上がっている、といった印象です。

 週刊誌では、ある話があって関係者に話を聞いた結果、“双方が否定した”という形の記事は、よくあると言えばある。今回の記事は双方、親密関係は否定。ただ明生の有村への恋心は全開というものでした。その記事に、有村サイドが厳然たる措置を講じると発表したわけです。これは異例で、滅多にないことと言えるでしょうね」(夕刊紙デスク)

■岡本圭人とのキス写真流出時、有村サイドが講じた措置とは……

 所属事務所は「全くの事実無根であり、法的措置を取る予定」「相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません」と記事の内容を真っ向から否定。

 そして「このような事実無根の記事で、有村架純の行動や気持ちが虚偽に伝えられてしまうことに対し、所属事務所としましては強く抗議いたします」と強い抗議の意思を示した。

 また、有村のマネージャーも公式ツイッターに「事務所から皆様へ」というコメントとともに、抗議文の画像を投稿した。

「これだけ事務所が毅然とした対応を決めた理由の1つは、有村が本格派の女優としての確固たる地位を築いているからでしょう。今回の報道で、そのイメージを崩されかねない。そこで、しっかりと対応することにした可能性は高そうです。

 もう1つの理由は、8年前に岡本圭人(28)との熱愛スキャンダルを報じられた経験からではないでしょうか」(前出の夕刊紙デスク)

 有村は2013年前期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演したことで女優としてブレイク。しかし、その年の8月の『FRIDAY』(講談社)に元Hey!Say!JUMPの岡本とのツーショット写真やキス写真が掲載され、熱愛が明らかになったのだ。

 報道直後、有村はブログに謝罪文を掲載。熱愛については肯定も否定もすることなく、「今回の件で自分自身と向き合ったときに自分が何をしたいのか、何を見てもらいたいのかと改めて考え、それはお芝居しかないと思いました」と説明。

 そして、「今後も一つ一つの仕事を100%以上の気持ちで全力で取り組んでいき、結果を残していけるように邁進していきたいと思います」とつづった。

 同日、有村のマネージャーもツイッターを更新して「この度は、有村架純の記事でお騒がせをしてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪。

 続けて「本人は現在撮影中の作品に臨ませて頂いております。これからもお仕事という形で、皆様の思いにしっかり応えていけるよう本人共々頑張って参ります」と報告したのだ。

■異例の謝罪を経て有村架純はトップ女優の仲間入り

 前出の夕刊紙デスクが続ける。

「芸能人が週刊誌に熱愛が報じられ、それを認める、認めないというのはよくある話ですが“謝罪する”というのは異例です。ただ当時、有村は若手女優として売り出し中でしたし、売れっ子ジャニーズタレントとの熱愛ということで、最初の対応を間違えると、彼女の将来が閉ざされてしまいかねない可能性もあった。

 そこで事務所は、本人による“謝罪”という選択をしたのでしょう。これ以降、有村の熱愛スキャンダルはゼロ。そしてこの8年間で清純派トップ女優へと上り詰めることができました。そんな中にあって今回、再びスキャンダルになりかねない記事が出たわけです」

 そのため、事務所は断固たる措置を取ることにしたのかもしれない。

「ただ、明生は直撃取材に対して丁寧に答えていますし、有村への恋心を全開にしつつも、彼女への気遣いも忘れない丁寧な対応をしていました。その記事自体が裁判沙汰に発展するとなると、ちょっと明生が可哀想ですよね。

 また、ここまで強く否定するということは、真剣交際中の新恋人でもいるのではないか、と勘繰ってしまいたくなりますよね」(前同)

 有村には、苦節8年で築き上げた“清純派女優”のブランドイメージを守る必要があるのだろう。しかし、新小結・明生の心中やいかに……。

関連リンク

  • 7/28 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます