イラン・イスラム共和国の伝統と文化を知る展覧会「美しいイラン」展が開催中!

拡大画像を見る


在日イラン・イスラム共和国大使館にて、7月27日(火)〜8月6日(金)の11日間、イラン・イスラム共和国(通称イラン)の伝統と文化を知ってもらうための展覧会「美しいイラン」展が開催中!入場は無料だ。

多くの見どころがある国・イラン

イランは、中東では2番目に大きな国土を有している国。

多様な気候風土と、日本と同じく四季があり、様々な名所や文化、地理的な位置、長い歴史と文明などの要素から、宗教的聖地、文化遺産、歴史遺産、自然遺産などの多くの見どころがある。

ユネスコ世界遺産の数は24件

現在イランでは、ユネスコ世界遺産が24件あり、うち文化遺産はペルセポリス、エスファハーンのイマーム広場、ビーソトゥーンの碑文など22件、自然遺産はルート砂漠など2件が登録。

他にも、紀元前3千年の史跡、建築、ペルシャ式庭園、無形文化遺産、そして美しい自然景観が観光スポットとして挙げられる。

また、イランは“砂漠の国”というイメージが強いこともあり意外と知られていないが、実は世界最大の農業国の一つに数えられるほどのフルーツ大国だという。

約20点のパネル展示やモニュメントを用意

今回開催の「美しいイラン」展は、そんなイランについて、一人でも多くの人に知ってもらう事を目的とした展覧会。

ユネスコ世界遺産に登録されている歴史的建造物や名所をはじめ、食文化や伝統技術・工芸品など、約20点のパネル展示やモニュメント、手工芸品を通じてイランに触れることができる。

現地著名工房より寄贈の“ペルシャ絨毯”も展示

さらに今回は、イランを代表する伝統工芸品の一つである“ペルシャ絨毯”も展示。このペルシャ絨毯は、イランの著名な工房にて織られ、2010年に在日イラン・イスラム共和国大使館へ寄贈されたものだという。

この機会に、みどころ満載の「美しいイラン」展に足を運んでみては。

■在日イラン・イスラム共和国大使館
住所:東京都港区南麻布3-13-9

  • 7/27 18:23
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます